口内炎に効果的な漢方薬、桔梗湯/ききょうとう【漢方医が解説】

口内炎に効果的な漢方薬、桔梗湯/ききょうとう【漢方医が解説】

不規則な生活、偏った食事によって起こる口内炎。また、歯並びや噛み合わせが原因の場合もあります。食事、会話と言った日常生活に支障をきたすため、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。この記事では、口内炎に効果的な漢方薬をご紹介します。

1.どんな口内炎にも桔梗湯

どのような口内炎にも有効です。お湯に溶かして、冷蔵庫に入れ、何度もうがいをしながら飲みます。氷にして舐める方法でもOKです。数日間試してみましょう。

忙しい時は漢方をそのまま口に入れて、水で飲んでも構いませんが、もし時間があるならお湯に溶かして飲んだ方が有効です。

2.すぐに治らない時は半夏瀉心湯か黄連解毒湯

胃の症状が、口内炎として現れることがあります。そんな時は胃の問題を解決することで口内炎も治ります。

半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)は胃もたれがある時に特に有効です。1包×3/日を2週間

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)は、飲んで苦くなければけっこう効きます。冷やした方が飲みやすいです。桔梗湯と併用でも効果的です。1包×3/日を2週間

まとめ

・口内炎には桔梗湯をうがいしながら

・すぐに治らなければ他を試しましょう

・桔梗湯はお湯に溶かしてから、黄連解毒湯は冷やして飲むと効果的

今回紹介した漢方薬