【症例集】葛根湯の長期投与で「なんだか、最近血圧が高くて」

【症例集】葛根湯の長期投与で「なんだか、最近血圧が高くて」

症例

76歳 女性 鼻づまり

蓄膿症のようで鼻がつまると訴えて受診

葛根湯加川芎辛夷を処方

(再診時)

ものすごく呼吸が楽になったと喜ばれる。

こちらも調子に乗って処方を継続

(3ヶ月後に)

血圧が180と相談される。

処方を中止して血圧は正常に

鼻づまりも軽快のまま

解説

葛根湯加川芎辛夷には麻黄が含まれています。麻黄にはエフェドリンが含まれています。エフェドリンを長期投与すれば血圧が上昇する可能性があることは医師としては当然の知識ですね。でもそれをふと忘れてしまうことがあります。「麻」という字が入っていればちょっとした注意で麻黄剤だと認識できます。麻黄湯、麻黄附子細辛湯、麻杏甘石湯、麻杏苡甘湯ですね。

ツムラ漢方エキス剤では、麻黄を含んでいながら「麻」の字が含まれていないものは覚えておいた方がいいですね。越婢加朮湯、葛根湯、葛根湯加川芎辛夷、五虎湯、五積散、小青竜湯、神秘湯、防風通聖散、薏苡仁湯です。

この患者では、葛根湯加川芎辛夷に麻黄が含まれていることは当然に僕は知っていたのです。ところが、患者さんが鼻つまりがものすごく調子がいいというので、調子に乗ってしまったのですね。そして、開業医の先生が、いつも血圧を測定していると思い込んでいたのですね。麻黄含有漢方薬を投与しているときは、自分で血圧を測定した方がいいと今更ながらに思っています。自動血圧計で良いのですから。