【症例集】インフルエンザには麻黄湯 これで結構治りました。

【症例集】インフルエンザには麻黄湯  これで結構治りました。

症例

5歳 女児 (僕の娘)

幼稚園から帰宅後に、なんとなくぐったりしている。39度の発熱。

しかし重篤感はない。

麻黄湯を1/3包飲ませる。2時間から3時間毎に内服させると、3回目にじわーっと発汗、その後解熱。

翌日は幼稚園が休み。

次の日は、元気に幼稚園にいく。

その日から、母親が発熱。

インフルエンザと診断される。

解説

この症例も僕の娘です。急性発熱性疾患が発汗で軽快する典型的経過です。この発熱性疾患はインフルエンザでした。つまり母親、僕の家内が続いて発熱し、簡易検査でインフルエンザと診断されたからです。むかしは、風邪も、インフルエンザも、新型インフルエンザも差別化できません。
すべて急性発熱性疾患として治療したのです。体格によって漢方薬を選ぶことによって急性発熱性疾患に対応しました。

自分や身内の場合は2〜3時間毎に内服しますが、患者さんには4時間毎にお湯に溶かして内服と指示しています。傷寒論に2日分を1日でと記載があることに従っています。麻黄を含む漢方薬を飲みすぎるとドキドキ、むかむかします。身内であれば、ドキドキ、むかむかすれば薬を変更するか、内服間隔を延ばせばいいですが、患者さんでは臨機応変の対応ができません。そこで4時間毎です。