【症例集】帯状疱疹後の痛みにリリカ 漢方薬領域にもどんどんと西洋薬が

【症例集】帯状疱疹後の痛みにリリカ  漢方薬領域にもどんどんと西洋薬が

症例

60歳代 女性

帯状疱疹後の痛み

「ペインクリニックでリリカを試したのですが、めまいが起こって、飲めませんでした。なにか良い漢方薬ありませんか?」

麻黄附子細辛湯を処方

(再診時)

「変化をあまり感じない」

麻黄附子細辛湯+附子1日3グラム

(再診時)

「大分楽になりました。」

解説

帯状疱疹の痛みは以前より難治なものが多く困っていました。漢方でも麻黄附子細辛湯、五苓散、当帰湯などを使用していました。そして牛車腎気丸や補中益気湯などが有効なこともありました。たくさんの選択肢からいろいろと選んでいたのです。その選択肢の中に、リリカが加わりました。最近発売された西洋薬剤ですが、帯状疱疹の痛みには相当有効と思っています。

漢方で無効なときは試すべきでしょうし、まずリリカを試して、そして副作用で飲めないときなどに、昔の知恵である漢方を使用した方がいいのではと思っています。西洋医学はどんどんと進歩します。ますます漢方の領域にも西洋薬剤が入ってきます。それでいいと思っています。僕たちは西洋医です。極論すれば、僕は漢方薬を凌駕するような、漢方薬が好まれる領域を脅かすような西洋薬剤がどんどんと誕生することを願っています。

漢方も現代医学的立場から少しずつは進歩していくでしょう。しかし、西洋医学の進歩の速度にはかなわないと思っています。体全体を治したり、養生が肝要であったりと、漢方的な考え方はなにより大切と思っています。