ふとももの内側が縦に紐状に痛い。これって何?【漢方医が解説】

ふとももの内側が縦に紐状に痛い。これって何?【漢方医が解説】

ご質問をいただきました。

Q. 数日前からふとももの内側が縦に紐状に痛みを感じます。大きな病気の予兆か気になります。これは何の痛みで治療法はどのようなものがありますか?

A. これは大伏在静脈の痛みを感じています。大伏在静脈はくるぶしの内側から、ふくらはぎの内側、そして膝の内側、ふとももの内側の皮下を上行して、そけい部で大伏在静脈に合流します。

相当痩せている人では大伏在静脈の走向は皮下に確認することができます。ツール・ド・フランスなどの選手は皮下脂肪がほとんどなく、彼らの足の写真を見ると大伏在静脈の走向は明らかです。

https://www.cnn.co.jp/showbiz/35104491.html

 

画像出展:静岡静脈瘤クリニック

この静脈が軽い炎症を起こすとその静脈に沿って痛みを生じます。多くは女性で生理の時に痛くなります。まったく問題ない症状で無視できるのならそれでOKです。

もしも痛みを取りたいときは、バイアスピリンを1日1錠飲むか、または漢方薬の桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)が有効です。