心臓がドキドキする・動悸でお困りの方に【漢方医が解説】

心臓がドキドキする・動悸でお困りの方に【漢方医が解説】

朝起きたら動悸が酷く動けない、突然訪れる心臓のドキドキに悩まれている方も多くいらっしゃいます。

不整脈など、循環器疾患の場合は、かならず西洋医学的治療を受けてください。この記事では、西洋医学的に問題ないと判断されたにも関わらず、動悸に悩まれている方向けに漢方薬をご紹介します。くれぐれも、循環器系疾患の疑いがある場合は一度医療機関を訪ねてください。

1.どんな動悸にも炙甘草湯(しゃかんぞうとう)

炙甘草湯は昔の不整脈の特効薬です。動悸は西洋医学的治療が優先ですが、西洋医学的に問題がない方、すでに処方されている方で動悸が気になる方、試してみてください。1包×3回/日、食前

2.効果がない場合は柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

ストレスによる不整脈や、不整脈ではないが心臓の拍動が気になる時に使ってみてください。1包×3回/日、食前

3.それでも効果がない場合は、加味逍遙散(かみしょうようさん)か紫朴湯(さいぼくとう)

様々な症状があり、その中に動悸が含まれる、という場合に加味逍遙散が有効です。1包×3回/日、食前

紫朴湯は、気持ちの持ちようで動悸がおさまる時、何かに集中している時は動悸を感じない時に試してみてください。

この記事で紹介した漢方薬