痩せにくい、ダイエット効果が出にくい方に効果的な漢方薬【漢方医が解説】

痩せにくい、ダイエット効果が出にくい方に効果的な漢方薬【漢方医が解説】

しっかり食事制限をしても、なかなか痩せない、ダイエット効果が出ないという方がいらっしゃいます。「痩せたい」というのはいつの時代も変わらぬニーズですね。

この記事では、食事制限と組み合わせることで効果を発揮する漢方薬をご紹介します。

はじめに断っておきますが、漢方だけで痩せたいというような方は論外です。暴飲暴食をしながら痩せるということは基本的にありません。飲食、アルコールの制限や、適度な運動をしていることが大前提です。末尾にて、私が普段行なっている減量指導をご紹介します。

まずは防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)、効果がなければ大柴胡湯(だいさいことう)

日常生活における努力をしてもうまく痩せられないという方に、補完的に有効です。少し下痢気味となるくらいが良いですね。防風通聖散の方が有名ですが、大柴胡湯で痩せる方も結構います。私もそうでした。

急激な減量はリバウンドに繋がりますので、徐々に痩せる方が長期的には有効です。生活習慣改善と並行して使用し、自分の身体に合っていそうな漢方薬は気長に飲みましょう。1包×3回、食前

私も漢方薬で痩せました。体重は90キロ近かったものが70キロに、ウエストが93cmから78cmになりました。でも十分な節制をしてはじめて漢方薬の効果があるのです。

以前、とある著名な方が私の外来を訪ねてきました。十分な食事制限と適度の運動、間食の禁止などを実行しているがまったく痩せないと悲痛な面持ちで訴えます。こういうときに漢方薬の出番はあります。私が内服しているものと同じ漢方薬である桂枝茯苓丸と大柴胡湯を飲んでもらい、100kg近くあった体重は3ヶ月で約8kg減量しました。その後も徐々に減少し10kg以上痩せ、以前は着られなかった衣装が着られるようになり、また体調もすばらしく好調となり快適と感謝されました。

私が行なっている減量指導をご紹介

私が実際に現場で行なっている減量指導をご紹介します。

まず、全身が映る鏡に毎日自分の裸を映し、全身像を見るように勧めます。そして、毎日体重を計り、変化を記録してもらいます。運動だけで痩せることは基本的には無理です。食生活の改善が必須になります。手の届くところに間食になるようなお菓子類を置かないようにします。清涼飲料水はお茶か水にしてもらいます。どうしても間食をしたいときは時間を決めます。また、夕食を食べてすぐ寝るような生活は避けてもらいます。

無理なダイエットは必ずリバウンドしますので、長期的にいいことはありません。まず、食事を1/3だけ減らすように勧めています。徐々に痩せていくとリバウンドしにくいです。

この記事で紹介した漢方薬