しびれを感じている場合の漢方薬とは【漢方医が解説】

しびれを感じている場合の漢方薬とは【漢方医が解説】

しびれに困っている方は多いでしょう。それにも関わらず医師は積極的に取り組んでくれません。なぜならば西洋医学では「原因不明のしびれ」が多いからです。しびれを起こす原因がありそうなのは、大脳か脊髄か末梢神経です。そのうち軽減するものもあれば、慣れていただくしかないものもあります。

私も漢方に出会う前には、なんとなく聞き流していました。治す方法がないからです。うまく取り繕ってたと言えるかもしれません。多くの医師はこのような感じではないでしょうか。

そこで漢方薬の出番となります。漢方薬は原因はともかく症状からアプローチする考え方です。それぞれの症状に経験則からこの組み合わせが効果がありそうだと導かれたものです。

しびれについても、いきなり完治ではなく、少し軽減を目指すくらいの気持ちで取り組むと良いです。基本のものをお飲みいただいて、もし合わなければ変えていく、というのはこのブログの他の処方と同じ考え方です。そんなしびれのための漢方薬をご紹介します。

どんなしびれにもまずはこれ

牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)を使用します。これを3包/1日、4週間継続します。もしくは途中で附子(ぶし)を増量してみると効果が感じられる場合があります。

効果が感じられない場合は

牛車腎気丸の効果が不明な場合は薬を変更します。麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)に変更すると効果が感じられるかもしれません。こちらも附子を増量してみると効果が感じられる場合があります。これを3包/1日、4週間継続します。

牛車腎気丸でムカムカする場合は

漢方薬が体に合わない場合、ムカムカすることがあります。こういう時は効果もあまりないものです。牛車腎気丸の場合、これに含まれる地黄(じおう)が胃をムカつかせることがあります。その場合はまずは飲むタイミングを食後に変更します。これだけでだいぶ軽減され効果が感じられるかもしれません。

しかしなかには、それでもダメな方がいます。その場合、お試しいただきたいのが、桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)です。3包/1日、4週間継続します。

まとめ

お伝えした通り、漢方薬治療では、症状の軽減を目指します。これで効果があれば「アタリ」とお考えください。なにしろ西洋医学ではお手上げの症状です。これを継続します。

・どんなしびれにもまずは牛車腎気丸

・効果が感じられなければ、附子を増量。

・それでもダメなら麻黄附子細辛湯様子を見て附子を増量。

・牛車腎気丸でムカムカする場合は桂枝加朮附湯を使用してみます。