つわりがひどいときにおすすめの漢方薬とは・安全性は?

つわりがひどいときにおすすめの漢方薬とは・安全性は?

質問をいただきました。

Q. つわりがひどい時、薬があるって病院が言うのですが、本当に飲んで大丈夫?
A. つわりの漢方薬は、小半夏加茯苓湯(しょうはんげかぶくりょうとう)を冷たくして飲むか、人参湯(にんじんとう)を温めて飲むことが常套手段です。西洋薬の制吐剤も有効です。

薬を飲んで本当に大丈夫かは実は不明です。現在までに薬剤と胎児への明らかな影響が認められていないということです。もしかするとその薬剤が胎児に影響を与える初めての例になるかもしれませんね。でもそんなほんのちょっとの心配をしていたら生活できません。

交通事故で年間4000人弱が亡くなっています。心配なら外出しなければいいでしょう。そんなリスクは引き受けて生活していることが普通ではありませんか?

薬剤と胎児への影響も同じで、ほんのちょっとの心配も排除したければ、つわりを我慢すればいいでしょ!

小半夏加茯苓湯(外部リンク) ツムラホームページより

[amazon_link asins=’B07B7RRCQ2,B00LIJWHZ8,B00F4MNVMS,B005UK3F0M’ template=’CopyOf-ProductGrid’ store=’stretchpole07-22′ marketplace=’JP’ link_id=’7f67edc1-9ebf-464a-bea0-5decbae29e57′]