オナラが臭い! 腸の動きを良くする漢方薬とは?【漢方医が解説】

オナラが臭い! 腸の動きを良くする漢方薬とは?【漢方医が解説】

腸の動きを良くする薬を希望する方がいます。理由を尋ねると「お腹が張って困る」という人が大多数です。そして、その結果として「オナラが臭いから」とか、「上手にオナラが出来ないから」という訴えを持っている人が少なからずいます。

オナラを上手に出すことができなければ、お腹が張るのは当たり前です。そんな時にオナラの臭いを軽減する漢方薬が大建中湯(だいけんちゅうとう)です。大建中湯は手術後のイレウス状態の改善や、その防止に使用されている漢方薬で、日本で一番売れている保険適用漢方エキス剤です。是非、オナラが臭くて困っている人はトライしてください。相当オナラの臭いが軽減します。ともかく上手にオナラをしないと、また腸が張って益々オナラが臭くなるのです。
大建中湯ーツムラ

さて、腸の動きを調整する漢方薬で有名なものは桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)です。過敏性腸症候群には西洋薬と併用する形で僕は常用しています。また、桂枝加芍薬湯に飴を加えた小建中湯(しょうけんちゅうとう)も腸の動きの調節に有効です。

[amazon_link asins=’B000YZP6F0,B00IMUN0ZC,B00F4MDK7E,B07B7QSWCH,B00F4MCYJ4,B0178SE0T8′ template=’CopyOf-ProductGrid’ store=’stretchpole07-22′ marketplace=’JP’ link_id=’c3b118a9-bc67-4cb4-a988-522345b9a81e’]