ドラッグストアの胃腸薬コーナーで見つける漢方【漢方専門薬剤師が解説】

ドラッグストアの胃腸薬コーナーで見つける漢方【漢方専門薬剤師が解説】

実はドラッグストアの胃腸薬コーナーにはたくさんの漢方薬が並んでいます。大正漢方胃腸薬®は、CMでもお馴染みで、取り扱いのないドラッグストアを探すことは難しいのではと思います。タケダストレージ®シリーズなど、漢方の処方名が販売名になっていない商品がたくさん並んでいます。粉薬だけでなく錠剤や液剤もあり、漢方が苦手な方は飲みやすい錠剤などを選ぶことが出来ます。少し漢方の処方がわかると、より的確な処方を選択することが出来るようになります。

  • 安中散(あんちゅうさん)

安中散は冷えや寒冷の飲食物等が原因の腹部の痛みがあるときに有効です。配合生薬のうち、甘草(かんぞう)・牡蛎(ぼれい)以外は温める生薬で構成されており、血行を良くし冷えを改善します。また、すべての生薬に鎮痛作用があり痛みによく効きます。特に延胡索(えんごさく)は、もっとも鎮痛作用が強く、胃痛や生理痛にも有効です。また、茴香(ういきょう)はインド料理にも出てくるハーブのフェンネルのことで、おならを減らし、臭いを取る作用もあります。神経性胃炎、慢性胃炎、胃腸虚弱、食欲不振などの効能があります。

  • タケダ漢方胃腸薬A=安中散:細粒、錠剤

  • タケダストレージ® タイプI=安中散:顆粒

  • 大正漢方胃腸薬=安中散+芍薬甘草湯:微粒、錠剤

安中散と芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)を組み合わせた胃腸薬で、ふだんから胃腸が弱く、不規則な食生活や夏バテなどが原因の不調や、食欲が出ないといった方に適しています。芍薬甘草湯は、骨格筋、平滑筋のけいれんを強く抑えて鎮痛、鎮痙に働きます。安中散で本来の胃の働きを取り戻し、芍薬甘草湯で胃の緊張をほぐします。安中散にも腹痛を抑える効果がありますが、芍薬甘草湯が加わり、より腹痛に効果を発揮します。

  • 大正胃腸薬K=安中散+高用量の芍薬甘草湯:微粒、錠剤

鎮痛効果の高い「芍薬甘草湯」を高容量配合。治療効果の高い処方です。

  • 大正漢方胃腸薬「 爽和」=安中散+四逆散:微粒、錠剤

安中散と四逆散(しぎゃくさん)の組み合わせにより、イライラや不安・不眠などのストレスによる胃腸症状に対応した胃腸薬です。

四逆散は、「中国生まれ(原点は傷寒論)、日本育ち」の漢方処方です。江戸時代の名医 和田東郭(わだとうかく)が、四逆散は心身症等の疾患に有効であることを見出しました。神経の高ぶりや不安をやわらげて、胃腸症状を改善する処方です。

  • 太田漢方胃腸薬Ⅱ=安中散加茯苓:散剤

安中散に精神安定作用がある生薬 茯苓(ぶくりょう)を加えた「安中散加茯苓(あんちゅうさんかぶくりょう)」という処方です。ストレスに対する効果を高めた処方です。仕事や人間関係、受験、家事などのストレスを抱えている方、飲みすぎでも食べすぎでもないのに胃の不調がある、ふだんから胃腸が弱いという方にお勧めです。

  • 半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)

半夏厚朴湯は、ストレスなどで胃の調子が悪い、気分がふさいでのどがつかえた感じがする、不安になるなどといった症状のある方に有効です。咳き込んでのどの異物を取ろうとしても取れない感じや飲み込んでも飲み込めない感じがある、のどのつかえた感じがあるのが症状の特徴です。漢方的に言うと、気が滞っている状態で、梅核気(ばいかくき)と呼ばれることもあります。のどに梅干しの種がひっかかった感じがして、飲み込むことも吐き出すこともできないような状態を梅核気と言います。半夏厚朴湯の服用で、のどのつかえ感などの違和感が、いつの間にか和らいできます。

のどがつかえたり、とおりが悪くなった感じがする…、ストレスを感じるとのどのつかえや吐き気を感じる…、胸のあたりがなんだかモコモコつまった感じ、プレゼンの第一声が出ない…などの時にぜひ試してください。

  • タケダストレージ®タイプH=半夏厚朴湯:顆粒

  • 半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)

半夏瀉心湯は、下痢やお腹のはり、消化不良といった腸のトラブルとストレスの両方に有効です。腸の調子が今ひとつで下痢になりやすいというかたや、不安と緊張で胃の調子が悪いといった方にもおすすめで、口内炎にまで効果があります。

プレゼンの前や試験の前にお腹がゴロゴロする、下痢になるかもと考え不安になる、電車に乗ると下痢になりやすくて不安、渋滞するとトイレが心配でお腹がゴロゴロ…といった方の、下痢を止めるだけでなく、不安な気持ちや胃腸の調子をととのえる処方です。このように、胃腸は脳と密接に関係しています。漢方の世界では、心と身体はお互いに強く影響しあい、「心身一如(しんしんいちにょ)=肉体と精神は一体のもので、分けることができず、一つのものの両面である」と考えます。

  • タケダストレージ®タイプG=半夏瀉心湯:顆粒

  • 六君子湯(りっくんしとう)

六君子湯は、胃酸の逆流などでみぞおちがつかえる方の胃の痛みを改善する漢方薬です。六君子湯は8種類の生薬で構成されています。おもに2つの働きあります。

1つ目は、胃酸を腸に押し出す機能を改善する働きです。ストレスや加齢、肥満、喫煙などで胃酸が逆流しやすくなった弱った胃の排出機能を整えます。また、胃酸の逆流を起こりにくくして、胃痛や嘔吐などを改善します。

2つ目は、食べ物を受け入れにくくなった胃の働きを正常にする働きです。胃の動きが悪くなると、食べ物を腸へ送り出せずに胃がもたれ、慢性的な食欲不振の原因となります。六君子湯は、食べ物を胃から腸へ送り出す働きを高め、食事をするとおこる胃の不調を改善します。

朝ハミガキのタイミングでえずいてしまう、油ものやお肉などの食事の後などに胃がもたれる、胃の中に食べ物が残っている感じが続く、かがんだ時に、みぞおち辺りにつかえ感・違和感がある、眠ろうと横になったときに、胃の中身が戻ってくる感じがする、ストレスが続くと、お腹あたりに痛みが出るなどの方はぜひ試してください。

  • 小林製薬 ギャクリア=六君子湯:顆粒

清涼化剤としてl-メントールを配合しています。スッキリとした服用感です。

  • 香砂平胃散(こうしゃへいいさん)

香砂平胃散は、保険適用漢方製剤148処方には含まれない、一般用漢方製剤です。

香砂平胃散は、平胃散(へいいさん)*に、香附子(こうぶし)・縮砂(しゅくしゃ)を加えた処方で、平胃散より一層消化を助けます。胃内に食毒(身体に溜まった脂肪)や水毒(体の中に余分な水がたまった状態)が停滞しているのを平らかにするという意味で平胃散といいます。消化がうまくいかず、みぞおちあたりにつかえた感じがあり、食後に腹鳴(お腹が鳴る)がある方の、消化不良、食欲不振に有効です。

*平胃散:蒼朮、厚朴、陳皮、大棗、甘草、乾生姜

  • タケダ漢方胃腸薬®K=香砂平胃散加芍薬(こうしゃへいいさんかしゃくやく):細粒、錠剤

弱った胃のはたらきを高める漢方処方「香砂平胃散」に、胃の痛みをしずめる生薬「芍薬」を加えた処方です。食べすぎ、飲みすぎによる胃もたれ、消化不良などに有効です。

  • 五苓散(ごれいさん)、黄連解毒湯(おうれんげどくとう)・・二日酔いに特化

五苓散は、体の中の水分の偏りを調整して水毒を改善する代表的な処方です。様々な症状に使われます。

3つの作用でアルコール頭痛を防ぎます。お酒に含まれるアルコールは体内でアセトアルデヒドという物質に分解されます。アルコールもアセトアルデヒドの血管を広げる作用、広がった血管からは水分が漏れ出すことによっておこり脳のむくみ、アセトアルデヒドの蓄積により産生された痛み増強物質(プロスタグランジン)が、アルコールなどによる頭痛をはじめ、二日酔い、はきけ、めまいといった様々な症状の原因です。この3つの作用を抑えてくれるのが五苓散です。血管拡張抑制作用、脳のむくみ抑制作用、痛み増強物質の産生抑制作用の3つの作用で、五苓散はアルコール頭痛を抑えます。

お酒は適量、飲みすぎないのはもちろんですが、二日酔いになってしまったときは有効です。

  • 小林製薬 アルピタン=五苓散:顆粒

  • 大正漢方胃腸薬<内服液>=五苓散+黄連解毒湯:液剤

五苓散と黄連解毒湯(おうれんげどくとう)の2つの漢方が飲みすぎ、二日酔のむかつきに効果的に作用するドリンクタイプの胃腸薬です。

黄連解毒湯は、アルコール、ストレスなどであれた胃粘膜を修復します。黄連(おうれん)・黄芩(おうごん)・黄柏(おうばく)・山梔子(さんしし)というシンプルな処方で、すべて苦味があり冷やす力の強い生薬で構成されています。いずれの生薬も抗菌作用や熱や炎症を改善する作用がある強力な処方です。

飲みすぎないなど日常生活の節制が何より基本なのは言うまでもありませんが、漢方は養生の1つといわれます。そうはいっても飲みすぎることはたまにはあるでしょうから、そんなときに是非試してください。

参考資料)

矢数道明:臨床応用漢方処方解説. 創元社. 1966

各社HPブランドサイト

太田胃散 https://ohta-isan.co.jp/product/medicine/kanpo2/

小林製薬 https://www.kobayashi.co.jp/brand/gyakuria/index.html

大正製薬 https://brand.taisho.co.jp/brand/

タケダ健康サイト https://takeda-kenko.jp/kenkolife/encyclopedia/