坐骨神経痛のための漢方薬3種類とは【漢方医が解説】

坐骨神経痛のための漢方薬3種類とは【漢方医が解説】

坐骨神経痛はやっかいです。原因が不明だと診断されることもあります。そのような症状を私は「坐骨神経痛もどき」と言っています。整形外科医さんで診断も処方も確定。それでもスッキリすぐに痛みが取れる患者さんは少ないでしょう。少しでも残っていれば「さらに良くなりたい」と思うのは当然です。

西洋医学の限界を感じるかもしれません。そこで変化球的に漢方薬の力を借りる手があります。今回は坐骨神経痛のときに試していただきたい3種類のお薬をご紹介します。

どんな坐骨神経痛にも

牛車腎気丸(ゴシャジンキガン)で決まりです。1包×3/日を4週間ごと処方してもらいます。最初の4週間で効果が感じられたら(西洋薬との合わせ技でより効果を感じる、痛みが軽減した、ラクになった、西洋薬を少し減らすことができるようになった等)続行します。全く変化がなければ次のお薬を試してみてください。

効果がないときは・1

当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)をご紹介します。坐骨神経痛に加えて間欠性跛行や冷えがある場合はこちらも試してみてください。1包×3/日を4週間ごとです。そのような症状がなくても、他の漢方薬で効果がない場合はこちらをぜひトライしてみてください。

効果がないときは・2

疎経活血湯(そけいかっけつとう)も使ってみる価値があります。ともかく腰やヒザが痛いというときはこのお薬です。他の薬を使ってもビクともしなかったときもぜひ使ってみてください。同じように、1包×3/日を4週間ごとです。効果を感じれば継続です。

まとめ

坐骨神経痛は持病になりやすく、長い期間かけて緩和していくことが多いです。少々乱暴ですが、この3つのお薬を1ヶ月ごとに使用してみて、もっとも効果があったものを使い続ける方法でもいいでしょう。漢方薬はひとによって合う合わないがあるのでこういうチャレンジの仕方でも構いません。副作用や西洋薬とののみ合わせは気になさらなくて大丈夫です。