つらいのどの痛み一瞬で治すのにオススメの西洋薬、漢方薬

つらいのどの痛み一瞬で治すのにオススメの西洋薬、漢方薬

朝起きたら声が出ない、唾を飲み込むだけで激痛がおこる…。身体は元気でも、仕事や人付き合いで声を出すことがつらいのは大変ですよね。少しでも早く痛みを緩和するにはどうしたらいいのか、西洋医で、漢方医でもある私が解説します。

西洋薬を使ってのどの痛みを治す

西洋薬での鎮痛剤の代表はNSAIDs(エヌセイド)とアセトアミノフェンです。

NSAIDsは非ステロイド性抗炎症薬のことで、薬局ではロキソニンという商品名で販売されています。ロキソニンの多用は胃潰瘍を誘発します。また、長期に亘って、例えばロキソニンを毎日3錠、何年も内服すると、腎機能障害をきたすことがあります。薬局で売っていると言っても、薬剤師の先生の指導のもと利用することになっている第一類医薬品です。保険医療機関で使用されているボルタレンという痛み止めもNSAIDsのひとつです。

アセトアミノフェンはOTCとしてもエキセドリン、グランエース、セデスなどにも配合されています。これらは複数の薬剤を含む総合鎮痛剤になっています。保険医療機関ではカロナールという商品名で使用されていて、1回300mgから500mgを使用し、1日900から1500mgを経口投与することが通常ですが、年齢、症状により増減可能です。NSAIDsに比べると安全と言われています。

喉の痛みに数回、NSAIDsやアセトアミノフェンを使用することはまったく問題ありません。これらで、一発で痛みが楽になるひとも少なからずいます。

・NSAIDs(ロキソニン)やアセトアミノフェン(カロナール)で一発で治ることも

・NSAIDs(ロキソニン)の長期、多量の使いすぎには注意

漢方薬でのどの痛みを治す

また、喉の痛みには漢方も有効です。喉がチクッとする風邪には麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)が好んで使用されます。風邪ではがっちりタイプから虚弱に向かって、麻黄湯、葛根湯、麻黄附子細辛湯、香蘇散といったラインナップがあります。ところが「喉がチクッとする」という訴えにはどんな体格でも麻黄附子細辛湯をオートマチックに内服すると一発で良くなることがあるのです。不思議ですが、是非、試して下さい。

また、喉の痛みには桔梗湯(ききょうとう)という漢方薬を頻回にうがいしながら、そして飲み込みます。

桔梗湯を1袋お湯に溶かすか、水に入れて電子レンジでチンします。するとアツアツの透明な液体が出来上がります。しばらく常温に置いて、その後、ペットボトルなどに移し換えて冷蔵庫に保存します。それを何度も口に含んでうがいをし、そのままゴクンと飲み込みます。10分毎でもOKです。この桔梗湯のうがいで喉の痛みが一発で治ると喜んでくれる患者さんは多数います。これも是非試して下さい。

人の身体はそれぞれ体質も違います。効く薬も異なるのです。ですから、自分でいろいろと試すことが大切です。薬剤師の先生や医師と相談しながら、適切な薬を見つけましょう。漢方にこだわる必要もありませんが、西洋薬に固執する必要もありません。

・麻黄附子細辛湯を3回/日、食前に飲む

・桔梗湯をうがいをしながら何度も飲む

ちなみに私が愛用しているのはトローチタイプの以下の商品です。

Products from Amazon.co.jp

クラシエだと内服液もあります。

Products from Amazon.co.jp

この記事で紹介した西洋薬、漢方薬