花粉症によるのどの痛みに【漢方医が解説】

花粉症によるのどの痛みに【漢方医が解説】

花粉症で喉の強烈な痛みを訴えることはまずありません。痛みというよりも痛痒い症状です。しかし、人が症状を表現するときに、いろいろな言葉を使用しますから、「痛痒い」を「痛い」と表現することは少なくないのです。しかし、「強烈に痛い」という人は稀です。

抗アレルギー剤は医療用医薬品でも一般用医薬品としても購入可能です。自分の症状に合うものを探して下さい。不思議なもので、人によって有効な薬剤が異なるのです。効き具合、眠さを引き起こすか、一日何回内服するのか、などが判断要因になります。

漢方薬は出番がありますよ。抗アレルギー剤は喉や鼻が乾きすぎて嫌だと訴える人には漢方薬がいいでしょう。小青竜湯(しょうせいりゅうとう)を使用します。小青竜湯が無効時は、内服回数を増量するか、または麻黄を小青竜湯の倍量含む越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)を試します。体質改善には苓甘姜味辛夏仁湯(りょうかんきょうみしんげにんとう)を気長に飲むことも有効です。荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)はとてもまずい漢方薬ですが、体質改善効果は抜群です。荊芥連翹湯は気長に飲みます。是非、西洋薬と飲み比べながら、また併用しながら、自分に適する方法を探して下さい。

[amazon_link asins=’B07B7SPGLT,B0012ILNZU,B01GNOPKLK,B00F4MOWZ8,B00NUTMNH6,B07B7LG55J,B001TIGL2S’ template=’CopyOf-ProductGrid’ store=’stretchpole07-22′ marketplace=’JP’ link_id=’f3239278-fded-422a-a226-ef8780ebee87′]