平常時にやや気力体力ある方(ややがっちりタイプ、普通の方)の風邪薬

平常時にやや気力体力ある方(ややがっちりタイプ、普通の方)の風邪薬

今回は平常時、やや気力体力が充実している方のための風邪薬をご紹介します。常に元気ハツラツ!というほどまでもない、ということで多くの方がこのタイプに当てはまると思います。このブログでは「ややがっちりタイプ」と表現します。

1.風邪薬の代表格「葛根湯(かっこんとう」の出番

平常時、ややがっちりタイプの方(子供も含みます)には葛根湯(かっこんとう)がおすすめです。

風邪のひき始めに熱が出てゾクゾクしてきた時に飲み始めます。汗が出るまで数時間おきに飲んでください。

目安としては、1包×6回、1日。粉薬をお湯に溶かしていただきます。大汗までをかく必要はありません。ややがっちりタイプの人は、熱が出ても汗をかきにくいので、葛根湯の力で体を温め汗を出しやすくします。

葛根湯は古くから日本で愛用されてきた漢方処方です。葛根はクズの根のことで、これが主成分となっています。この他にショウガの根(生姜)、シナモン(肉桂・桂皮)、ナツメ(大棗)、マオウ (麻黄)、シャクヤク (芍薬)、カンゾウ (甘草)、といった生薬が調合されています。

全身を温める各種の生薬に加えてそれぞれが持つ相互作用によって、血行を良くし発汗を促すとともに、分泌機能や代謝機能を高めると考えられます。

Root of kudzu vine,puerarin
葛根

2.解熱後、市販の総合感冒薬を飲んでもすっきりしないときは

葛根湯で汗が出始めたら、そこで漢方薬治療は終了して構いません。多くの方はそれだけで風邪を退治できるのではないでしょうか。

それでも完治した気がせずに数日すっきりしない場合があります。市販の総合感冒薬を飲んでもあまり効果が感じられない場合もあります。眠くなるなどの副作用も困ります。

そんなときは柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)に切り替えます。これを1包×3回、3日飲みます。これでじんわり温まる作用が持続し、風邪が完治します。

3.葛根湯と柴胡桂枝湯は常備しておこう

葛根湯は、私も愛用する風邪薬です。「ちょっと風邪っぽいな」と思った時は、何回か飲み続けて汗を出し、風邪を退治しています。

柴胡桂枝湯は、「よくわからずに、とにかく風邪薬がほしい」といわれた時に使える漢方薬です。比較的タイプを気にせずに使えるお薬でしょう。幅広い「不調」「悩み」 に使える守備範囲の広いお薬です。

4.まとめ

・平時にやや元気な方は葛根湯を汗が出るまで飲みましょう。それだけでOKです。

・数日間、すっきりしない場合は柴胡桂枝湯を使います。

・葛根湯と柴胡桂枝湯はおすすめの漢方薬です。

この記事で紹介した漢方薬