【症例集】子供の発熱に麻黄湯・機嫌が良ければ我が子はモルモット

【症例集】子供の発熱に麻黄湯・機嫌が良ければ我が子はモルモット

症例

3歳 女児 (僕の娘)

幼稚園から帰宅してから、元気がない。抱くとすごく熱い。

38.5度の発熱。汗はまったくない。

機嫌は悪くはない。

麻黄湯を約1/3内服させる。まったく汗なし。

その後2から3時間毎に内服させるも発熱なし。

23時に麻黄湯を1服飲ませる。

夜中に多量のおねしょをして、翌朝は解熱。

幼稚園に元気に行く。

解説

急性発熱性疾患は漢方用語では太陽病です。太陽病は表証とほぼ同じで、治療法は麻黄剤や桂枝を含む漢方薬による発汗です。通常は汗が出て解熱しますが、このときは、多量の小便(おねしょ)で解熱しました。同じく泥状便で解熱することもあります。

子供の分量は、小学生1/2、幼稚園1/3、それより小さいときは1/4としていますが、いい加減です。2から3時間毎に内服させますが、就寝前などは1服飲ませています。これは娘の例で、頻回に発熱しますが、幼稚園や小学校を休むことは滅多にありません。漢方のお陰です。娘も8歳になり、小学校2年生は皆勤賞でした。5回ほど38度の発熱を経験しましたが、すべて麻黄湯の内服で翌日には軽快し、元気に学校に行きました。