川骨(せんこつ)・漢方医による生薬解説90

川骨(せんこつ)・漢方医による生薬解説90

川骨はコウホネの根茎を縦割りして乾燥したものです。「川骨」はわが国で古くから民間的に利尿,婦人病薬として利用されてきました。生薬名の「川骨」は日本でのみ通用しています。平安時代の『本草和名』に加波保祢として記載されることから,当時はカワホネと発音されていたそうです。

川骨を含む漢方薬は治打撲一方です。

第17改正日本薬局方には以下のように記載されています。

  • センコツ Nuphar Rhizome NUPHARIS RHIZOMA 川骨
    本品はコウホネNuphar japonicum De Candolle (Nymphaeaceae)の根茎を縦割したものである.

 

051_SENKOTSU
コウホネ 画像提供:ツムラ