酸棗仁(さんそうにん)・漢方医による生薬解説11

酸棗仁(さんそうにん)・漢方医による生薬解説11

サネブトナツメの種です。「棘(いばら)の道」の棘はサネブトナツメです。サネブトナツメが伸びた根の先から新芽を出し、どんどんと増えて路上に多数の芽が出た状態を言っています。小さな株にと特に刺が多く歩きにくいのです。

そんなサネブトナツメの種子が酸棗仁です。「仁」とは種の中の種で、桃の種を割ると中にアーモンドのような種がありますね。それが仁です。酸棗仁は不眠に効果があります。現在、ほぼすべてが中国からの輸入品です。

酸棗仁が処方名と関係する漢方エキス剤は酸棗仁湯です。

第17改正日本薬局方には以下のように記載されています。

 

  • サンソウニン Jujube Seed ZIZIPHI SEMEN 酸棗仁
    本品はサネブトナツメZiziphus jujuba Miller var. spinosa Hu ex H. F. Chou (Rhamnaceae)の種子である.

 

037_SANSOUNIN