遠志(おんじ)・漢方医による生薬解説62

遠志(おんじ)・漢方医による生薬解説62

遠志はヒトヒメハギの根です。『神農本草経』では上品として収載されています。遠志は古来、安神益智、去痰、消腫の効能で使用され、わが国では第四改正日本薬局方に、同属生薬セネガの同効薬として初収載されました。

第17改正日本薬局方には以下のように記載されています
オンジPolygala Root POLYGALAE RADIX 遠志
本品はイトヒメハギPolygala tenuifolia Willdenow (Polygalaceae)の根又は根皮である.

最近は物忘れに有効なのではと期待されています。遠志は単実味でもOTCで販売されています。また遠志は保険適用漢方エキス剤では、帰脾湯、加味帰脾湯、人参養栄湯に含まれています。

 

007_ONJI
ヒトヒメハギ 画像提供:ツムラ