厚朴(こうぼく)・漢方医による生薬解説32

厚朴(こうぼく)・漢方医による生薬解説32

厚朴はモクレン科の落葉高木で、その樹皮を使用します。厚朴の葉は岐阜県高山名物の朴葉味噌で有名です。厚朴は生薬単独では温める作用があります。

第17改正日本薬局方には以下のように記載があります。

  • コウボク Magnolia Bark MAGNOLIAE CORTEX 厚朴
    本品はホオノキMagnolia obovata Thunberg (Magnolia hypoleuca Siebold et Zuccarini), Magnolia officinalis Rehder et Wilson 又はMagnolia officinalis Rehder et Wilson var. biloba Rehder et Wilson (Magnoliaceae)の樹皮である.本品は定量するとき,マグノロール0.8%以上を含む.

日本薬局方で記載があるホオノキ(朴の木)は日本固有の種で、枝先に大きな葉が輪生状について傘のようであることから、英語では“Japanese Umbrella Tree”と言われます。ホオノキは樹皮を厚朴として利用する以外にも、果実を“朴の実”と称して民間薬として利用したり、また、その大きな葉を使って“朴葉味噌”をつくることでも有名です。

厚朴が処方名と関係する漢方エキス剤は半夏厚朴湯、柴湯、桂枝加厚朴杏仁湯などがあります。漢方エキス剤の約10分の1に厚朴は含まれています。

025_KOUBOKU
ホオノキ 画像提供:ツムラ