金銀花(きんぎんか)と忍冬(にんどう)・漢方医による生薬解説70

金銀花(きんぎんか)と忍冬(にんどう)・漢方医による生薬解説70

金銀花はスイカズラの花蕾です。忍冬はスイカズラの葉および茎です。忍冬は第17改正日本薬局方に収載されていますが、金銀花は第17改正日本薬局方にはなく、日本薬局方外生薬規格に収載されています。スイカズラはつる性の植物で、わが国でも極寒の地を除いて生息しています。

日本薬局方外生薬規格 2015 には以下のように記載されています。
● キンギンカ Lonicera Flower LONICERAE FLOS 金銀花
  本品はスイカズラ Lonicera japonica Thunberg (Caprifoliaceae) のつぼみである.

金銀花は銀翹散に含まれています。銀翹散は中医学の代表的感冒薬でOTCで購入可能です。

第17改正日本薬局方には以下のように記載されています。

  • ニンドウLonicera Leaf and Stem LONICERAE FOLIUM CUM CAULIS 忍冬
    本品はスイカズラLonicera japonica Thunberg (Caprifoliaceae)の葉及び茎である.
074_NINDOU
スイカズラ 画像提供:ツムラ