桂皮(けいひ)と桂枝(けいし)・漢方医による生薬解説7

桂皮(けいひ)と桂枝(けいし)・漢方医による生薬解説7

桂枝はシナモンです。中国南部、ベトナムに生育するクスノキ科の常緑高木で、樹皮を用います。シナモンコーヒーにももちろん使われていますし、また京都の名物である生八つ橋にも含まれています。桂皮は桂枝として処方名には登場します。桂皮の細い枝が桂枝ですが、桂枝と言いながら桂皮を用いています。このように桂枝と桂皮は混同されます。ほぼ同じとおもって問題ありません。敢えて言えば、ケイの木の皮が桂皮、ケイの木の若い枝が桂枝と思っています。

『神農本草経』の上品には牡桂と菌桂が収載されています。李時珍の『本草綱目』には、「名医別録に収載される桂に牡桂と箘桂がある。牡桂は肉桂の皮の薄いもので、更に薄いものが桂枝である。桂とは肉桂であり、葉は長く枇杷葉のようで、堅硬で毛があり、鋸歯があり、花は白く、皮は脂が多い。箘桂は柿の葉のようで尖って細く、光浄で、三縦紋があり、鋸歯はなく、花は黄色あり、白色あり、皮は薄くて巻くものである。箘桂の種類に枇杷葉や梔子葉のような巌桂があり、俗に木犀と呼ばれる。花の色によって銀桂、金桂、丹桂などと称され、薬用にはされず、香料として用いられる。」としています。どうも牡桂と菌桂は別物のようです。

山地や収穫年によっても薬効が非常にあるものから、あまりないものなど様々なはずです。さまざまな生薬の中から、よりよいものを見つけることを選品といいます。ウチダ和漢薬のHPをみると(https://www.uchidawakanyaku.co.jp/medical/seihin01-ke.html)、中国産の桂枝の他に、ベトナム産の桂皮が2種類(No1桂皮と桂通桂皮)、そして中国産の桂皮(広南桂皮)が売られています。桂枝湯に使う桂皮や桂枝もいろいろなのです。僕は患者さんには漢方は食品の延長と説明しています。回転寿司のまぐろも美味しいですが、お店によって、美味しさもまちまちですよね。まぐろの種類も取れた場所も異なるのでしょうから当然のことです。同じことが漢方でも起こっています。つまりメーカーAの桂枝湯とメーカーBの桂枝湯は同じという可能性は少ないのです。最終的には自分で自分に効く漢方薬を探すしかないのです。

桂枝湯は1800年前の『傷寒論』に登場します。その最初に出てくる漢方薬が桂枝湯なのです。『傷寒論』での基本骨格ということです。桂枝湯は桂枝、芍薬、甘草、大棗、生姜の5つが構成生薬です。桂枝湯にいろいろな生薬を加えてたくさんのラインナップを作り出しました。もっとも有名なものが、桂枝湯に葛根と麻黄を加えた葛根湯です。

桂枝が処方名と関係する漢方エキス剤は桂枝湯、桂枝茯苓丸、桂枝人参湯、苓朮甘湯、桂枝加芍薬湯、桂枝加芍薬大黄湯、桂枝加竜骨牡蛎湯、芍知母湯、桂枝加苓朮附湯、桂枝加黄耆湯、桂枝加葛根湯、桂枝加厚朴杏仁湯、麻各半湯などがあります。

第17改正日本薬局方には以下のよう記載されています。

 

  • ケイヒ Cinnamon Bark CINNAMOMI CORTEX 桂皮
    本品はCinnamomum cassia Blume (Lauraceae)の樹皮又は周皮の一部を除いたものである.

 

020_KEIHI
ケイノキ 画像提供:ツムラ