阿膠(あきょう)・漢方医による生薬解説42

阿膠(あきょう)・漢方医による生薬解説42

阿膠はニカワのことで、動物の皮を加熱して抽出した産物です。阿膠は『神農本草経』では上品に収載された薬物です。第17改正日本薬局方には収載されていません。

日本薬局方外生薬規格2015には以下のように記載されています。

  • アキョウ Donkey Glue  ASINI CORII COLLAS 阿膠

本品はロバEquus asinus Linne(Equidae)の毛を去った皮,骨,けん又はじん帯を水で加熱抽出し,脂肪を去り,濃縮乾燥したものである。

阿膠が処方名と関係する漢方エキス剤は芎帰艾湯です。