【症例集】落語「葛根湯医者」のくだり。ヤブ医者か名医か

【症例集】落語「葛根湯医者」のくだり。ヤブ医者か名医か

症例

風邪を引いたときや、食欲がないとき。葛根湯は、いろんな病に効くという。

飲むと体が温まるそうだ。

「おまえどうしたんだ? どっか悪いのか?」

「先生ね、あっしはあたま痛くてしょうがないんですよ?」

「それは頭痛だ。葛根湯あげるから、それおあがり」

「あっしは、はらが痛いですよ」

「それは腹痛だ。葛根湯あげるから、おあがり」

「あっしは、あしが痛いんですよ。」

「それは足痛だ。葛根湯あげるから、おあがり」

「あっしは、兄貴が足が痛いって言うんで、一緒についてきたんですよ。」

「あー付き添いか。退屈だろう。葛根湯おあがり」

解説

落語の枕話で有名な「葛根湯医者」です。

江戸時代の藪医者はどん訴えにも、頭痛、腹痛、足痛に葛根湯を処方し、そしてついでに付き添いできた人にも、暇で退屈だから飲めばと葛根湯を処方したということです。藪医者の代名詞の様にも聞こえますが、葛根湯は麻黄剤ですので、鎮痛作用があることは当然でどんな痛みにも有効な可能性大ですね。暇つぶしに効くかは???ですが、実は名医だったのかもしれません。

漢方は何にでも効くことがあり得ると思っておくことが臨床医としては大切で、そして面白いのですね。ちなみに陰証の葛根湯とは真武湯のことで、真武湯もお年寄りや冷え症のひとには、いろいろと有効ですね。