松田邦夫先生から学ぶ漢方 No.9【中山今日子先生寄稿】

松田邦夫先生から学ぶ漢方 No.9【中山今日子先生寄稿】

病人と接する道

・とにかく十分の実意よりして病者の善を救い、医の誠を尽くすというところを本とすべし(和田東郭「蕉窓雑話」)

・マクネール・ウィルソンが、“希望こそ、一切の場合において投ずべき薬剤である”と述べたことを想起するたびに医師が患者に注ぐ愛情ほど、大切なものはないと思う。(『大塚敬節著作集』)

このお話は色々な講演会で出てきます(漢方実践講座1の最後のスライドでも紹介されています。)が、陪席の際も時々引用されていらっしゃいました。そして、「昔は、治してやろうと意気込んでいましたが、今は、患者さまの良くなろうとする力を妨げないようにしています。」とよくお話ししてくださいます。

自然治癒力というのがあります。患者さまは病気にかかっても自分の力で回復することができます。今、よく言われている免疫力を上げるということだと思います。岡江久美子さんとアビガン、そしてフアイア顆粒【新見正則】で語られているように、ウイルスでもがんでも免疫力を下げないことが一番大切だと思っています。松田邦夫先生も「漢方薬だけではダメ、生活を見直していくことが大切」とよくおっしゃっています。「患者さまの良くなろうとする力を妨げないようにする」とは、治療で免疫力を下げないようにすることも含まれているように思います。

・バランス良く食べる

・適度な運動

・適切な睡眠時間

・ストレスを少なく

・体を冷やさない

・My漢方薬を飲む

実は、私の睡眠時間はとても短いのですが、寝付きが良くぐっすり眠れます。そして、少し疲れた時などは、とにかく短時間でも眠るようにしています。My漢方薬は、連珠飲、補中益気湯、麦門冬湯、柴胡桂枝湯。

柴胡桂枝湯は、モダン・カンポウでは困った時の万能処方

あるとき、「中山先生が良く使う処方は?」と松田邦夫先生が私に尋ねたことがあります。「柴胡桂枝湯です」と答えると、「モダン・カンポウでは困った時の万能処方ですね」と笑顔でおっしゃっていました。

【漢方 JP】鉄則モダン・カンポウ 第7章 思いつかないときの鉄則【新見正則自らが解説】で解説していますので是非ご覧ください。

実は、風邪で一般用の葛根湯を買いに来られる患者さまで、お話を伺うと、もう葛根湯の時期を過ぎている方が多いのです。つまり、風邪をひいてから3日ほど経過していることが多いです。葛根湯は、次に風邪をひきそうになった時に飲んでいただくお薬としてお持ちいただき、今は柴胡桂枝湯をお飲みいただくことが多いです。

今の症状(咳や鼻水など)をどうしても抑えたいので総合感冒薬をどうしても飲みたいという患者さまで、胃腸症状がある方には併用していただきます。効能には、「体力中等度又はやや虚弱で、多くは腹痛を伴い、ときに微熱・寒気・頭痛・はきけなどのあるものの次の諸症:胃腸炎、かぜの中期から後期の症状」と記載されていて、風邪をひいて3日ほど経った方はほぼ当てはまります。

体力中等度でやや虚弱というところでひっかかる新人薬剤師が多いのですが、いつも体力が有り余っている方でも風邪をひいて体調が優れない時は普通(中等度)の体力と考えています。満量処方の柴胡桂枝湯(3日分)がお勧めです。

そして、風邪をひいてから1週間以上経って、なんとなくすっきりしない人には補中益気湯をお勧めしています。飲んで調子がいい場合でよく風邪を引くとおっしゃる方には、「医療機関を受診し、少し気長に飲んでくださいね。」とお話します。

予防注射をするけど毎年インフルエンザにかかるという方にも、漢方処方に理解がある先生をご紹介します。長く飲む必要がある場合は、医療機関の受診がお勧めです。ドラッグストアで気軽に買える補中益気湯は1/2処方(医療用の半分の量)です。柴胡剤(補中益気湯には柴胡という生薬が入っています。)は、少しお値段高めの漢方薬です。

帝京大学の新見正則氏は、2009年の新型インフルエンザ(A/H1N1pdm2009)流行時に、補中益氣湯による予防効果について検討しています。内服群(n=179)と非内服群(n=179)に分けて8週間観察したところ、インフルエンザの罹患者数は内服群で1人、非内服群では7人でした。補中益氣湯で新型インフルエンザを予防できる可能性があると報告しています。(BMJ. 2009;339:b5213)“ー日経メディカル 竹田貴雄の「からだとこころと人間関係に効く漢方薬」 第3回かぜやインフル予防に「補中益気湯」がおススメ より引用

松田邦夫先生の2時間×10回の漢方実践講座のご視聴をご希望の方は、こちらよりご登録お願いいたします。医師以外の医療関係者の方は、所属医療機関名の後に資格名(薬剤師など)をご記入ください。

漢方jp YouTubeチャンネルでは、沢山の講演会を無料公開しています。今後、ライブ配信も予定しておりますので、是非、チャンネル登録をお願いいたします。