【57癌治】学術セミナー53報告【中山今日子先生寄稿】

【57癌治】学術セミナー53報告【中山今日子先生寄稿】

2019年10月26日(土)12:10から13:00、第57回日本癌治療学会学術集会にて学術セミナー#53を行いました。

191025【57癌治】
学術セミナーの案内

第57回日本癌治療学会は新見正則先生の先輩、吉田和弘先生(岐阜大学大学院医学系研究科 腫瘍制御学講座腫瘍外科学分野 教授)が会長です。会長の取り計らいで、学術セミナーの開催が実現しました。

会場は海のそば。前日は台風の影響で、関東では大雨。飛行機も1時間以上遅れましたが、無事到着しました。夜は、松井淳一先生の命令で、楽しくお美味しい博多の夜を過ごしたようです。そして、学術セミナー当日は快晴。会場は海のそばで海風が爽やかでした。

20191026_140149
会場からの眺めは最高!

開催前は、今津嘉宏先生と新見正則先生の対談を撮影しました。とても良い対談動画が撮れましたので、是非ご覧になってください。

新見正則が訊く!今津嘉宏先生 保険適応の漢方薬が癌にどのように効くのか

新見正則が訊く!今津嘉宏先生漢方薬の勉強方法について

新見正則が訊く!今津嘉宏先生抗がん剤の副作用に効果的な漢方薬は?

さて、今津先生と新見先生が対談している頃、司会の松井先生は掲示板のところにいて、「もう満席だよ!すごいね!」と写真を送ってきました。松井先生は、日本癌治療学会の理事でもあり、この学会中は毎日沢山の会議などこなしていました。お陰様で素晴らしい学会でした。

IMG_5641
学術セミナーはチケット制のため、電光掲示板で空席状況を案内します

学術セミナーは、松井淳一先生の司会で始まりました。最初は、今津嘉宏先生、そして新見正則先生が講演を行いました。満席にて開催することができ、お集まりくださいました先生方に感謝申し上げます。

この学術セミナーの様子は、こちらから是非ご覧ください。セミナーの動画はもちろん、新見正則先生のP P Tデータ、当日配布の資料もダウンロードしていただけます。

講演1:「抗がんエビデンスを有する漢方は存在するか」 今津嘉宏(芝大門いまづクリニック)
講演2:「抗がんエビデンスを積み重ねる生薬フアイア(Huier)」新見正則(帝京大学外科)
司会:松井淳一(東京歯科大学市川総合病院 外科)

スクリーンショット 2019-10-29 0.16.22
左から、今津嘉宏先生、司会の松井淳一先生、新見正則先生。無事終えて素晴らしい笑顔です。

今回の学術セミナー、準備はかなり大変でしたが、先生方の晴れやかな笑顔を拝見したら、お手伝いしてよかったなぁと思っています。「終わりよければすべてよし」ですね。