【中山今日子先生寄稿】視察レポート@ヤンゴン:テーマ・社会貢献<愛世会ミャンマープロジェクト>

【中山今日子先生寄稿】視察レポート@ヤンゴン:テーマ・社会貢献<愛世会ミャンマープロジェクト>
20190919_214748
夜のシュエダゴン・パゴダ

井上聡先生、MJ BUSINESSの表紙を飾る

スクリーンショット 2019-10-02 14.04.53
井上聡先生のインタビューが掲載された MJ BUSINESS

井上聡(So Inoue)先生のクリニックにお邪魔し、井上聡先生×新見正則先生の対談を撮影しました。新見正則先生の2年先輩ですが、とっても若々しくてダンディですね。いきなりミャンマーで社会貢献。当初は井上先生にお会いするためのこじつけのようでしたが、なんと最高の社会貢献ができそうです。この辺の経緯なども対談で語られています。漢方jp YouTubeチャンネルより是非ご覧ください。おまけに、他にはない、すぐに役立つ生の医療情報も満載です。漢方とは何の関係もありませんが、医療関係者なら知っておいて損はありません。さて、対談の中でもご紹介しておりますが、井上先生が、「MJ BUSINESS」というフリーペーパーの表紙を飾りました。PDF版で是非ご覧ください。公益財団法人愛世会ミャンマープロジェクトでは色々な方にお世話になりますが、井上聡先生は、まさにKey Personです。

漢方jpでは、新見正則先生との対談動画の出演者を募集しております。kyokonaアットマークd6.dion.ne.jpまでご連絡いただけましたら嬉しいです(アットマークは@に置換ねがいます)。来年3月は「さかざきこどもクリニック」にて収録予定です。

20190920_155434
Yangon Japan Medical Centre(YJMC)の外観です。メイン通りに面していて、嫌でも目に付く立派な看板です。

愛世会ミャンマープロジェクト開始のため、ヤンゴンを視察しました

愛世会では病院の体制を建て直し、社会貢献を行なっていきたいと考えています。新見正則先生のセブ島プロジェクトのミャンマーバージョンです。実は、新見正則先生が理事を務める愛世会には、日本で一番古い、愛歯技工専門学校と言う素晴らしい学校があります。そして、何とこの学校、戦争で負傷した方や親を亡くした子供たちが自立して生活ができるようになるために手に職をつけさせるための社会貢献のために始まりました。(詳しくは、こちら愛世会のHPより。)80年経った今、海外より学生さんをお招きし、その技術を伝承し、社会貢献ができたらと考えています。さて、その受け入れ先国としてミャンマーが候補に上がり、今回視察を行ってきました。プロジェクトを進めるにはまだまだ色々な課題がありますが、素晴らしい視察となりました。ミャンマーでプロジェクトを進めて参ります。

JIMCOメンバーとの顔合わせ

お昼頃に東京(成田)を出発すると、約7時間の快適な空の旅、お昼寝と映画鑑賞であっという間にヤンゴンに到着です。
今回は、空港にてJIMCOメンバーとお会いすることが出来、早速ミーティング。JIMCOは、すでにミャンマーで社会貢献している私たちの先輩です。そして、このKIMCOの会長の原田先生、ミャンマーで毎月講演を行なっている高橋教授も新見正則先生の先輩後輩です。慶応医学部の素晴らしいご縁に感謝!!うるさい秘書に躾けられているところも共通です。

IMG_5498
左から、新見正則先生、埼玉医科大学高橋教授、JIMCO原田会長、JIMCO事務局長高橋さん、中山、JIMCO事務局加川さん

ヤンゴン歯科大学の学長さんにお会いしました!!

ミャンマーの歯科大学は二つだけで、ヤンゴンとマンダレーにあります。今回はヤンゴン歯科大学の学長さんとお会いしましたが、日本にも留学経験がおありで、日本語もわかります。医療用語に明るいススさん、歯科技工士でもあるクマールさんとおふたりの通訳に入っていただき、有意義な意見交換ができました。学長より、プロジェクト成功のためのアドバイスもいただき、今後もお世話になると思います。よろしくお願いいたします。

20190920_110537
左から、通訳のススさん、中山、デンタルサポート首藤さん、新見正則先生、ヤンゴン歯科大学学長、JIMCO事務局加川さん、ヤンゴン歯科大学教授、JIMCO事務局長高橋さん

学長のご招待でランチ会

大学の一角に、レストランがならんだ通りがあります。いろいろなお料理が、リーズナブルすぎるお値段でいただけるのはありがたいです。私たちはミャンマー料理をいただきましたが、大変おいしく楽しいランチ会になりました。

20190920_120254
大学の中に、こんな食堂がたくさんあります。

ヤンゴン歯科技工士会会長との意見交換

ヤンゴン歯科大学を見学しました。日本からの技術も取り入れていました。歯科技工士学校も見学させていただきましたが、ミャンマーにはこのヤンゴンの歯科技工士学校しかありません。見学後は学生さんや先生もご参加いただき、歯科技工士会会長との意見交換。日本留学から帰った後の学生さんのサポートまで考えていただき、始まる前から貴重なご意見を伺うことができました。学生さんも興味津々で、たくさんのご質問をいただき、ありがたいと思いました。クマールさんは通訳でありながら、歯科技工士でもあるので、通訳をしながら色々な気づきを与えて下さいました。皆さまの素晴らしいサポートでどんどん背中を押される感じがしました。そして、先生方も日本で学びたいと強く希望されていて、需要がたくさんあることを実感しました。

 

20190920_125730
学生さんからたくさんの質問を受けました。熱意が伝わります。
IMG_5517
新見先生の左お隣が歯科技工士会会長。たくさんの先生と情報交換しました。

サクラデンタルオフィス in ヤンゴン歯科大学を見学

今回、ヤンゴン歯科大学での情報交換を設定してくださったのが、サクラデンタルオフィスの首藤さん。デンタルサポートが運営しているヤンゴンのオフィスで、ヤンゴン歯科大学の一角にあります。このサクラデンタルオフィスでは、歯科技工士が常駐し、最新の技術で歯を作っています。こんな技術力の高い歯科技工士が増えたらいいですね。最近は3Dプリントで歯を作っていて、その工程を拝見するのもとても楽しかったです。日本の歯科材料がなかなか手に入らないそうですが、やはり日本の歯科材料の品質はいいそうです。今後もサポートしていただきながら、プロジェクトを進めます。

歯科技工士学校を作りたい!!

ヤンゴンとマンダレーで歯科医院を開業している歯科医師の先生お二人もご一緒していただき会食。歯科技工の技術を向上させたいと、歯科技工士学校をヤンゴンに作ろうと計画しているそうです。この先生は、なんとヤンゴン歯科大学の学長さんと同級生。お聞きしたところによると、ミャンマーの学生さんは家族思いで、少しでも家族に仕送りをしたいと考えているそうです。日本で成長して、色々なところで活躍して頂けたら嬉しいです!!

IMG_5501
真ん中お二人(女性と男性)がミャンマーの歯科医師の先生

ミャンマーで歯科医院を開院している先生と情報交換

ミャンマーに滞在している日本人を中心に診療をしていらっしゃいます。滞在中に、急に歯が痛くなっても大丈夫そうです。ミャンマーの歯科事情などお聞きしました。ヤンゴンは大都市ですが、田舎の方は少し事情が違うようです。
レストラン:Taing Yin Thar Resataurant、Yankin
ミャンマーのお料理は、少し味が濃いのですが、お米の上におかずを乗せていただくスタイルです。ミャンマービールも美味しいです。みんなでワイワイたくさん頂いてもひとり千円くらいです。内装も楽しめます。

IMG_20190920_061017

IMG_20190920_061101

素敵なホテルに滞在

滞在先はSAVOY HOTEL YAMGON。テンションが上がるこじんまりした素敵なホテルです。調度品もとても素敵で気に入りました。シュエダゴン・パゴダからも近く、のんびりくつろぐことが出来ます。レストランやバーもとても素敵で、夜、出かけていかなくても退屈しません。

IMG_20190921_225155_645

ヤンゴンから成田へは便利な深夜便

ヤンゴンを夜10時ころ出発の深夜便を利用すると、成田に朝7時ころに到着します。このままお仕事に行ける便利な便です。往路もバンコク経由の深夜便を使えば、2日くらいの滞在でかなりのお仕事が進みそうです。2021年4月より、ミャンマーからの学生を受け入れることができるようプロジェクトは始動します。色々な方にお世話になりますがよろしくお願い致します。

*愛世会ミャンマープロジェクトにご興味ある方、ご連絡ください。kyokonaアットマークd6.dion.ne.jp(アットマークは@に置換ねがいます)