漢方薬をお茶やお酒と飲んでも良いの?【西洋医×漢方医が解説】

漢方薬をお茶やお酒と飲んでも良いの?【西洋医×漢方医が解説】

「なぜ、薬をお茶で飲んではいけないのでしょうか?」と聞かれることがあります。漢方薬に限らず、西洋薬も水以外のものと飲んではいけないというイメージがあるようです。効果が減ってしまうとか。

ただ、それは昔の話です。今は、お茶と一緒に飲んでも良いです。薬によっては、お茶に含まれるタンニンという物質と結合して、吸収が遅くなるものもあります。ただ、特別な時は薬剤師の先生が服薬指導で教えてくれます。通常は問題ありません。ただ、お酒と薬は一緒に飲まない方が賢明です。薬効が出過ぎたり、副作用のリスクもあるからです。

漢方薬もお茶と一緒で問題ありません。また、お酒と一緒でも実はいいのです。酒服と言って、敢えてお酒と一緒に飲めという漢方も実はあるのです。当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)や八味地黄丸(はちみじおうがん)などがそうですね。

また、二日酔い防止に効果的な黄連解毒湯(おうれんげどくとう)は、飲む前だけでなく飲んだ後に服用することもあります。

参考:二日酔い防止に効果的な漢方薬と二日酔いになった後の対処法【漢方医が解説】

[amazon_link asins=’B07B7RJ4W8,B001TIETAY,B07B7QT6NN,B005UK3F52,B00FJQMFEE,B07B7RCJRC,B00F4MC3KO’ template=’CopyOf-ProductGrid’ store=’stretchpole07-22′ marketplace=’JP’ link_id=’a0a56af9-60c5-4b17-93fc-18414767ddb5′]