肩こりに漢方薬は有効?【漢方医が解説】

肩こりに漢方薬は有効?【漢方医が解説】

僕の答えはNO! 肩こりに漢方薬が有効なら、これほどの人が肩こりに悩んでいないはずです。漢方薬が有効な肩こりもありますが、それは本当の少数と思っています。

医療用漢方薬の葛根湯(かっこんとう)には保険病名に肩こりがあります。しかし、肩こりを訴えて来院した人に葛根湯を投与して、肩こりが治ったと言われたことはほとんどありません。少々楽になったとは言いますが、著効はしません。それが僕の印象です。

肩こりは、首筋の凝りもあれば、肩甲骨の凝りもあります。いろいろです。葛根湯以外に、柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)が効いたり、半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)が著効したり、加味逍遥散(かみしょうようさん)で肩こりが治ったり、抑肝散(よくかんさん)が効いたという人もいました。

整体や鍼灸が効くという人もいますが、万人には有効ではありません。僕が有効だと思う肩こり解消方法は水泳です。水泳をしている人で肩こりを訴える人は少ないのです。そこからの結論は、腕を肩より上に挙げる運動が効果的だと思っています。水泳が苦手な人には、高いところの掃除、窓拭きなどを勧めています。またリビングで水泳のマネをしても効果的と説明しています。

これほどたくさんの肩が悩んでいる肩こりです。見方を変えれば、それほど万人に効果的な方法はないのです。是非、漢方薬も含めて、いろいろと試して下さい。

[amazon_link asins=’B07B7RGZJQ,B00L4P2UE4,B000YZL17W,B001TIGL28,B00DQIMMBS,B01HRQVOCM’ template=’CopyOf-ProductGrid’ store=’stretchpole07-22′ marketplace=’JP’ link_id=’1f627740-487a-4d45-91a8-a07e903a94d5′]