モダン・カンポウ 処方が思いつかないときの鉄則

モダン・カンポウ 処方が思いつかないときの鉄則

処方に悩めば、腹診もやってみよう。腹診で処方のヒントが得られる

敢えて漢方的腹部診察(腹診)は行わなくて良いということがモダン・カンポウのスタンスです。しかし、処方に悩めば、是非腹診をやってみましょう。腹診から処方のヒントが得られることがあります。いざ腹診をといっても直ぐにできるものではありません。そこで、こんな時のために、日頃から時間があれば患者さんの腹部を触りましょう。とくに良くなった人のお腹の所見の変化を観察することはとても役に立ちます。

柴胡桂枝湯 経過が長く困っている患者さんで出す処方がないときに

漢方診療はその場でわかる診察しかできません。そして処方を決定します。現代西洋医学のように、今日は検査をしましょう。そして後日、その検査を踏まえて治療方法や処方を決定しましょう という作戦が取れません。その場で処方出来ることが建前ですね。でも処方が決定できないときはどうするのでしょう。西洋医学の補完医療として、現代西洋学で改善できないような経過の長い病気に対しては、最終手段は柴胡桂枝湯の投与です。

疲れ、食欲不振、心身症というキーワードで処方する場合

カンポウは生薬の足し算の叡智です。ピンポイントで病気を治せない反面、体全体を治して、そのついでに主症状も治そうといった立ち位置です。ですから、からだのどこかをよくするとついでに主症状がなおるということを経験します。疲れというキーワードからは補中益気湯食欲不振というキーワードから六君子湯心身症というキーワードから柴胡桂枝湯を処方してみましょう。

虚証 小柴胡湯 + 当帰芍薬散/実証 大柴胡湯 + 桂枝茯苓丸

体格からオートマチックに処方します。弱々しければどんな訴えにも、小柴胡湯+当帰芍薬散がっちりタイプには大柴胡湯+桂枝茯苓丸です。柴胡剤と駆瘀血剤の組み合わせで、ベストマッチのひとつですね。慢性期の症状であれば、どんな訴えにもこれでまず対処する方法もありということです。体全体を治す可能性があるカンポウだからできる芸当ですね。