高血圧についての解説と、漢方薬【西洋医×漢方医のコラム】

高血圧についての解説と、漢方薬【西洋医×漢方医のコラム】

高血圧で悩まれている方はたくさんいます。現状、特に問題はなくても、いずれ大きな病気になりやすいと言われると不安になりますね。

高血圧の数値は複雑で、数年おきに改訂されます。最新版である高血圧治療イドライン2014は以下です。
http://www.jpnsh.jp/data/jsh2014/jsh2014v1_1.pdf
至適血圧    収縮期血圧 120未満 and 拡張期血圧 80未満
正常血圧    収縮期血圧 120~129 and/or 拡張期血圧 80~84
正常高値血圧  収縮期血圧 130~139 and/or 拡張期血圧 85~89
Ⅰ度高血圧   収縮期血圧 140~159 and/or 拡張期血圧 90~99
Ⅱ度高血圧   収縮期血圧 160~179 and/or 拡張期血圧 100~109
Ⅲ度高血圧   収縮期血圧 180以上 and/or 拡張期血圧 110以上
収縮期高血圧 収縮期血圧 140以上 and 拡張期血圧 90未満

僕はざっくり外来では、収縮期血圧(高い方の血圧)が140、拡張期血圧(低い方の血圧)が90を目標にしています。両者がこの値よりも低ければOKということです。

血圧は、常時変動しています。運動をする、喧嘩をする、怒る、大便をする、などなどで上昇します。上昇するからこそ普通よりも過度の動きや能力を発揮できるのです。問題は安静時に即座にしっかりと下がることです。ですから、血圧は安静時に測ります。測定して問題なければ、測定終了です。もしも収縮期が140以上、拡張期が90以上であれば、もう一度測定します。まだ高いときはもう一度計って、そして一番低い値を記載してもらっています。

何度測定しても高いことが問題です。いつも血圧が高いと、血管に常時正常よりも高い圧が掛かっていることになるので、動脈硬化が進みます。また心臓もより高い圧力を維持する必要があるので疲れるのです。よって、高いよりは低い方が心臓には優しい状態なのです。一方で組織の方は年齢を経過するに従って、血管が細くなりますので、ある程度の圧があった方が、血液が流れやすいという側面もあります。

血圧が高いときは、まず塩分制限をしましょう。そして有酸素運動をして下さい。それを半年ほど続けて、まだ血圧が高いときは降圧剤の内服がお勧めです。降圧剤とは血圧を下げる薬の意味で、降圧剤は年々進歩しています。1錠に複数の薬剤がすでに含まれているものもあります。努力しても血圧が下がらないときは、躊躇せず降圧剤を飲んで下さい。飲み始めても、いくらでも中止は可能です。中止して、血圧が上がらなければいいのですから。

ストレスでも血圧は上がります。そんな時に漢方薬である柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)は結構効きます。降圧薬の数が減ったり、降圧薬が不要になるひともいます。高血圧による赤ら顔で始終怒っているようなイメージのひとには黄連解毒湯(おうれんげどくとう)も有効です。西洋薬と併用で漢方を使用することは全く問題ありません。

コラム〜血圧とは何か〜

血圧は何を意味しているか解りますか? 血圧の単位はmmHgです。mmはミリメートル、Hgは水銀のことです。血管にチューブを入れて、そして体の外に出して、天井に向かってそのチューブを垂直にします。すると血管は圧力で満たされているので、血液がチューブを上昇し、血圧と釣り合うところで止まるのです。止まると言っても、心臓が拍動しているので、心臓が収縮した波が辿り着いたときは高く、また心臓が拡張した波が辿り着いた時は低いのです。その高さは結構高いので、水の代わりにチューブに水銀を入れたのです。

昔の血圧計

昔の血圧計は水銀が入っていました。その血液の高さを水銀の高さで言い換えたものが血圧です。100mmHgとは水銀で100mm、つまり10cm のことです。水銀の比重は体温で約13.5です。つまり水より13.5倍重いのです。つまり、水銀で10cmと言うことは、水、つまり血液では、その約13.5倍の135cmになります。これが血圧です。

ですから時代劇や映画などで、頸が切られて血しぶきがあがるときは、血圧が100mmHgであれば、135cmまで吹き上がり、血圧が200mmHgであれば、270cmまで吹き上がるのです。

関連記事:高血圧の漢方薬とは・基本薬と合わない場合の選択肢を漢方医が解説