がん治療の考え方〜エビデンスと、些細なことの積み重ね【西洋医×漢方医のコラム】

がん治療の考え方〜エビデンスと、些細なことの積み重ね【西洋医×漢方医のコラム】

医療行為でしばし使われる「エビデンス」という言葉。エビデンスに即した治療を行う事は、医師として当然です。僕もその考えです。しかし、エビデンスのない事は全て意味のない事かというと、僕はそうは思いません。僕の考える、がん治療に置けるエビデンスと、”些細なこと”について紹介します。

エビデンスとは

些細なことというのは、エビデンスがはっきりしないということです。エビデンスとは、医療分野で統計的有意差のある臨床研究という意味です。ある集団を2群に分けて、一方には有効であろうと思われる薬や手術、治療手技を施し、他方は施さないときに、施した群が施さない群よりも明らかに統計的な差が出た治療ということです。もっとも信頼される臨床研究は、集団の人数が多いことと、治療群と無治療群の振り分けがくじ引きで行われる研究です。そして効果を有する実薬と、実薬とは区別不能で実は有効成分を含まない偽薬を比べると完璧です。治療がくじ引きなんてと思われるかも知れませんが、治療を受ける、または受けないという主観が入ると、ついつい自分が選んだ治療を素晴らしいと思いたくなるという要素なども介入し、十分に信頼に足る結果がでないという意味からです。

がん治療に置けるエビデンス

がん治療で言えば、ある程度認められている治療は、外科手術、化学療法(抗がん剤治療のことです)、放射線治療です。しかし、その3大がん治療でも、あきらかなエビデンスがあることは、実はそんなに多くはありません。別の言い方をすれば、ある治療行為が有効という臨床研究もあれば、またはあまり有効ではない、むしろ無効という臨床研究もあるということです。でも、まったくないよりは遙かに有益なことで、僕たちは臨床研究で統計的有意差を得ている治療を基本的に選ぶことになります。

些細なこと、僕の基本的治療

一方で、「些細なこと」というのは、統計的有意差がでる研究がほとんどない事の意味です。僕はがんの患者さんにはサポート的な医療を行っています。がんの専門病院に通院しながら僕の外来を受診する方もいれば、がんの専門病院とは意見が合わず、がん難民のようになって僕の外来を訪れる患者さんもいます。僕の基本的治療の土台は高タンパク食、適度の運動、からだを温める、漢方薬の併用、そして希望を持つことなどです。最後の希望を持つことには信仰も含まれます。

信仰や奇蹟なんて無意味だという方々も多いと思います。僕も若い頃はそう思っていました。でも、たくさんの患者さんを拝見し、自分が予想した以上に長生きした人を顧みると信心深い方が多いのです。

僕も奇蹟は信じているのです。そしてその奇蹟はひとつの治療の有無で決まるのではなく、医療ではエビデンスがなく、または少なくあまり顧みられないような些細なことの積み重ねが大切と思っているのです。そして僕の周りでも奇蹟や有り得ないことが時々起こるのです。信心や希望だけで病気が治ることはないでしょう。でも精一杯行う努力のひとつに信心や希望を加えてもいいと思います。誰の迷惑にもなりません。そして、とんでもない金額が必要でもありません。その場で、その時に、信心し希望を持つことは、誰にでも、いつでもできます。

漢方薬は費用が安く、副作用がほぼなく、経験的に有効なことが多い

がんに対する漢方薬の基本処方です。保険適用漢方エキス剤で対応します。十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)と八味丸(はちみがん)の併用を最も多く処方しています。しかし、この組合せにはエビデンスはありません。しかし、費用が安く、副作用がほぼなく、そして経験的に有効なことが多いのでお勧めしています。

”費用が安く、副作用がほぼない”というのはとても大切です。世の中には、エビデンスのない民間療法やサプリメントも多く存在します。その中には、お金儲けだけを考えているようなものも、残念ながら多くあります。困っている時ほど、藁をもすがる心境になりますが、そこに漬け込むようなビジネスもあるのです。

もう一度言います。エビデンスのない、些細なことも決して無意味ではありません。少しでも良いと思える事であれば、ぜひやってみてください。その時、費用がかかりすぎず、副作用がないもの、というところに気をつけてみてください。