漢方処方119番

6/25ページ

【症例集】黄連解毒湯で冷え症悪化「あの4年間を返してほしい」

  • 2019.07.05

症例 40代 女性 高血圧 冷え症 イライラ 近医にて、降圧剤、精神安定剤、黄連解毒湯を処方される。飲んでも軽快しないので何度も相談するも、薬は基本的に同一。 (僕の外来で) (調子悪ければ、何かあれば変更をすればいいのに・・・・) 黄連解毒湯は中止、柴胡桂枝乾姜湯を投与すると、どんどんとよくなる。後日降圧剤、精神安定剤もすべて不要となる。 「あの4年間を返してほしい」と 解説 虚証の人に、冷え症 […]

【症例集】「先生、死ぬことはないのかい」漢方でも死亡例はある

  • 2019.07.04

症例 「先生、漢方薬試してもいいけれども、死ぬことはないのかい?」 「漢方薬も薬だから、希に死ぬこともありますよ。でも1袋飲んで、1週飲んで死ぬことはないですよ。何かあれば止めてもらえば大丈夫です。」 「どれぐらいの頻度で死ぬのですか」 「小柴胡湯という薬で不幸な例が生じました。2万人に1人が死亡すると言われています。この頻度は交通事故で突然死亡するのと同じです。ですから、僕も僕の家族も小柴胡湯は […]

【症例集】漢方薬の危険性について・「安全ですよね?」と聞かれたら

  • 2019.07.03

症例 タイトルのような質問をいただいた時に、私の答えは次の通りです。「何か起これば中止ですよ。漢方薬は一番安全な部類に属しますが、薬剤です。何か起こることは希にありますよ。」 解説 漢方薬はある意味食べ物の延長です。昔は劇薬のようなものも漢方薬のなかに含まれていることもありました。ところがモダン・カンポウで扱うような保険適応の漢方エキス剤には劇薬はありません。保険適応漢方エキス剤を1包飲んで、数日 […]

【症例集】患者「様」では叱れない。 愛情を込めて「あんた、死ぬよ」

  • 2019.07.02

症例 50代 女性 肥満症 「このままだと死ぬよ!!!!」 防已黄耆湯で次第にやせる。3年間で、120kgが70kgになった。 日常の食生活管理+軽い運動 のみで50kgの減量に成功。 後日、「真剣に叱ってもらってありがとうございました。」 「内科の先生からは痩せろと以前から言われていたのですが、真剣に叱られなかったので・・・」 僕は患者「様」とは言わない 解説 ぼくは 医者の仕事のひとつは真剣に […]

【症例集】漢方ファンが増えると楽しい。そして患者さんを連れてくる

  • 2019.07.01

症例 70歳代 男性 「両足が痛い、 ともかく痛い、歩くと痛い。」と訴えて受診 「整形外科の先生は何と言ってますか?」 「つれなく坐骨神経痛で、死ぬまで治らないと言われました。」 「僕の専門領域の血管外科の疾患ではないです。脈はちゃんと触れますから。漢方でも飲んでみますか?」 「漢方は好きではないが飲みますよ。この痛さが困るので飲んでみます。治る可能性が、良くなる可能性があるなら飲む。」 牛車腎気 […]

【症例集】帯状疱疹後の痛みにリリカ 漢方薬領域にもどんどんと西洋薬が

  • 2019.06.30

症例 60歳代 女性 帯状疱疹後の痛み 「ペインクリニックでリリカを試したのですが、めまいが起こって、飲めませんでした。なにか良い漢方薬ありませんか?」 麻黄附子細辛湯を処方 (再診時) 「変化をあまり感じない」 麻黄附子細辛湯+附子1日3グラム (再診時) 「大分楽になりました。」 解説 帯状疱疹の痛みは以前より難治なものが多く困っていました。漢方でも麻黄附子細辛湯、五苓散、当帰湯などを使用して […]

【症例集】加味帰脾湯で「悲しいが寂しいに」 カルテにはそのまま記載

  • 2019.06.29

症例 40歳代 女性 介護で元気がなく、疲れる。腰痛、肩こり、眠りが浅い、精神的に落ち込む。気圧に影響される。いろいろとご不満あり。 そこで加味帰脾湯を投与。 (再診時) 「悲しいが寂しいにかわった。眠れるようになった。1,3,5時に目が覚めるがすぐ眠れる。疲れが楽になる。生理時の下痢がなくなった。」 「イライラがひどい、話をしていて相手の声が聞き取れない、音としか認識できない。1時間聞こえない。 […]

【症例集】急性症からまず治す。そして日頃の漢方薬はお休み

  • 2019.06.28

症例 40歳代 男性 (自験例) 日頃から大柴胡湯と桂枝茯苓丸を内服している。これは花粉症が軽快し、熟眠感が増し、いぼ痔が消失しているからである。 (疲労が激しいとき) 愛用漢方薬は補中益気湯。疲れが溜まったと感じたときは、補中益気湯を内服する。このときは、日頃飲んでいる漢方薬は休薬です。 (風邪が長引いたとき) 小柴胡湯+麻杏甘石湯を愛用している。このときも、日頃飲んでいる漢方薬は休薬です。 ( […]

【症例集】「何故、足すと効かなくなることがあるの?」

  • 2019.06.27

症例 70歳代 女性 腰痛と下肢痛で受診。整形外科は通院中。 まず当帰四逆加呉茱萸生姜湯を4週間処方すると、「少しいいかな」と。 次に、牛車腎気丸を処方すると、「これも少しいいかな」と。 「先生、両方一緒に飲んだらダメですか?」 「試してみましょう。でも漢方薬は両方飲むと効かなくなることがあります。ふたつ一緒に飲んでそれぞれ単独よりも有効かを教えてください。」 「先生、なんで一緒に飲むと効かなくな […]

【症例集】 全部一緒に治すのは無理「何が一番困りますか?」と聞こう

  • 2019.06.26

症例 60歳代 男性 「困ることと言えば、頻尿、花粉症、腰痛、めまい、胃もたれでしょうか。」 「漢方薬でどれも良くなる可能性がありますが、まずどれが一番困りますか?」 「そう尋ねられると・・・、頻尿でしょうか」 「大便は我慢できますが、小便はしたくなるともう我慢が出来ません」 「漢方薬はたくさん処方すると効きが悪くなるので、まず牛車腎気丸という漢方薬を飲んでください」 (6ヶ月して) 「先生、夜間 […]

1 6 25