漢方処方119番

6/30ページ

【症例集】柴胡剤で熟眠感 柴胡はトランキライザー

  • 2019.08.25

症例 40代 男性 肥満の治療で大柴胡湯を長期間内服している。 「○○ヶ月××ダイエットというのは無効ですよ。だって、○○ヶ月したら止めるのですから、当たり前のように元の体重に戻ります。一生続けられる生活習慣と心の持ちようの改善をしてください。」 「頑張ってますよ。バランス良い食事にして、腹八分目で、間食はしないで、甘い清涼飲料は禁止ですよね」 「そうです。漢方は日常生活の管理をしっかりやった人に […]

【症例集】「どれがききましたか??」 複数処方し、本人自身に選ばせることもあり

  • 2019.08.24

症例 30代 エリートサラリーマン 男性 最近、仕事が忙しく、ストレスがある。でも夜眠れなくて困ると言って来院。 「西洋薬の睡眠導入剤は試していないのですか?」 「漢方から試してみたくて来院しました」 「なかなか仕事の合間に外来に来ることは大変でしょうね。」 「できれば、長く処方して頂けるとありがたいです。」 「では、漢方薬を3種類処方します。どれかひとつを毎食前に飲んでください。そして夜寝付けな […]

【症例集】不眠、虚弱に加味帰脾湯 「睡眠薬止めたら効かなかった」

  • 2019.08.23

症例 80歳代 女性 「先生、夜眠れないので、眠れる薬ください」 加味帰脾湯を処方 (再診時) 「睡眠薬を止めて、漢方飲んだけれどかえって眠れないよ」 「西洋薬は続行と言ったでしょ。睡眠薬もそのまま飲んでくださいね。漢方薬は食前に飲んでくださいね。」 (再診時) 「睡眠薬を飲んで、食前に漢方を飲むとなんだかちょっと眠れるようになった。体が楽になった。」 解説 モダン漢方の立ち位置は西洋医学の補完医 […]

【症例集】「まず、良くなったことを見つけてくださいね」 加味逍遥散を処方しながら

  • 2019.08.22

症例 70歳代 女性 自律神経失調症 典型的な加味逍遥散タイプ 初診時からいろいろなことを訴える。ほとんど笑わない。 小さな字でメモを書いてくる 適度な距離においてある患者用椅子を、医師の方に近づける 遙か昔からの経過を延々と、ゆっくり説明する。 そして的を得ない 加味逍遥散を処方する (再診時) なんとなく笑顔ある しかし、良くなっているとは一言も言わず、また不平不満を並べる。 「いくらでもお話 […]

【症例集】「生きる元気もないが、死ぬ勇気もない」 補中益気湯でなんとか元気に

  • 2019.08.21

症例 70歳代 女性 メンタルクリニックにも通院中 「めんどくさい。生きる元気もないが、死ぬ勇気もない。でも死にたい」 仮面様の顔貌 困ったな。精神科にはちゃんと通院しているし・・・・ 「生きるのも疲れておっくう」と言う 疲れというキーワードから補中益気湯を処方 (再診時) 精神科からの内服薬は同じで続行されている。 「どうですか」 「生きてますよ。でも食べるのがおっくうですが・・・(笑い)」 笑 […]

【症例集】インポテンツに牛車腎気丸は有効?「あっちも元気になりますか?」

  • 2019.08.20

症例 50代 男性 坐骨神経痛、腰痛、頻尿、なんとなく最近気力が萎えたなどを訴えて受診 初老期には少し早いが、牛車腎気丸を処方した。 (再診時) 「体全体がなんとなく上向きです。痛みも幾分楽で、夜間のトイレも少し減りました。気力もなんとか出たような。」 「それは良かったですね。同じ処方を継続しましょう」 「ところで、先生、あっちの方も元気になりますか?すごく調子がいいのです。」 「インポテンツのこ […]

【症例集】無菌性膀胱炎に猪苓湯合四物湯

  • 2019.08.19

症例 40歳代 女性 ピアノ教師 冷えると尿意を催して困ると来院 泌尿器科はすでに受診しており、最近による膀胱炎ではないとのこと ピアノのレッスンがもたなくて困る。45分間の我慢ができない。 そこで猪苓湯合四物湯を処方 (再診時) 「なんとなくいいようだ」 6ヶ月間継続投与する。 完全とは言えないが、ピアノのレッスンには全く支障がなくなって嬉しいと 解説 無菌性膀胱炎には猪苓湯合四物湯が有名ですが […]

【症例集】牛車腎気丸でムカムカ、 食後に飲んでも、六君子湯と飲んでもダメ。清心蓮子飲なら

  • 2019.08.18

症例 70歳代 男性 頻尿 頻用に対して牛車腎気丸を4週間投与 (再診時) 「先生、あれを飲むと胃がズーーんと重くなる。なんとなく食欲がなくなる」とクレームを言われる。 「では、今日処方する六君子湯と一緒に飲んでください」 (再診時) 「やっぱり、ズーーんと胃が重くなります。」 「では食後に飲んでみてください。」 (再診時) 「食後に飲んでも、なんだか変です」 では、新しい処方に変更します。 清心 […]

【症例集】頻尿に牛車腎気丸・もっと頻尿になり叱られる

  • 2019.08.17

症例 60歳代 男性 頻尿 頻尿と腰痛、坐骨神経痛を訴えて漢方を希望 夜中に数回は小便に行くと ここ数年歳を取ったような気がすると。 フローチャートでは、初老期のいろいろな訴えには牛車腎気丸にて、それを4週間処方した。 (再診時) 「先生、あれを飲んだら、夜のおしっこの回数が増えて、困った。」 「そしてどうなったのですか。」 「我慢してしばらく続けたら、夜中に2回だけ小便に行くように落ち着いた」 […]

【症例集】下肢動静脈瘻による母班・漢方は症状緩和には結構役に立つ

  • 2019.08.16

症例 20歳代 女性 先天性の動静脈瘻による母班 しかし動静脈瘻は軽微にて、klippel-trenaunay syndromeと思われる。 他院で塞栓術や硬化療法を施行されているが痛みが軽快しないので来院。 母班部には熱感があり、実際にさわると確かに熱い。 入浴すると痛みが悪化するということをキーワードに 白虎加人参湯を処方 (再診時) 「あれを飲むと下痢をするが、体が冷えて、足の痛みは楽になる […]

1 6 30