コラム

2/13ページ

松田邦夫先生から学ぶ漢方 No.9【中山今日子先生寄稿】

  • 2020.05.06

病人と接する道 ・とにかく十分の実意よりして病者の善を救い、医の誠を尽くすというところを本とすべし(和田東郭「蕉窓雑話」) ・マクネール・ウィルソンが、“希望こそ、一切の場合において投ずべき薬剤である”と述べたことを想起するたびに医師が患者に注ぐ愛情ほど、大切なものはないと思う。(『大塚敬節著作集』) このお話は色々な講演会で出てきます(漢方実践講座1の最後のスライドでも紹介されています。)が、陪 […]

松田邦夫先生から学ぶ漢方 No.8【中山今日子先生寄稿】

  • 2020.05.05

瘀血は隠れている 大塚敬節先生の師匠である湯本求心は、大柴胡湯合桂枝茯苓丸、小柴胡湯合当帰芍薬散を常用、桃核承気湯合大黄牡丹皮湯合桂枝茯苓丸を愛用。柴胡剤と駆瘀血剤の併用が好きで、治療が上手な先生だったそうです。瘀血の腹証(瘀血がある患者さまはお腹を触ると痛がるそうです)がない患者に用いるのを見た大塚敬節先生が尋ねると、「瘀血は隠れている」と答えたそうです。慢性疾患では種々の程度に瘀血が見られ、瘀 […]

松田邦夫先生から学ぶ漢方 No.7【中山今日子先生寄稿】

  • 2020.05.04

漢方を始めるときには、2種類くらいの処方から始める・・小児科は五苓散と麻黄湯 松田邦夫先生は、とにかく学んだら使ってみることを勧めてくださいます。『子供にはあまり漢方をお勧めしたことがないのですが、医療用と違って一般用の漢方には小児の使用量が明記されています。』とのお話をしたところ、それなら小建中湯と五苓散を使ってみなさいと教えてくださいました。新見正則先生は、これに麻黄湯が加わって3つです。(フ […]

松田邦夫先生から学ぶ漢方 No.6【中山今日子先生寄稿】

  • 2020.05.03

甘草について 甘草は、偽アルドステロン症―低カリウム血症を起こすことで知られていますが、漢方薬ばかりに原因を求めてもいけないようです。「日本に中国から輸入される甘草の使い道の9割は食品用です。お醤油、甘味料によく使われています。我々は、相当量の甘草を食品からとっていることを考える必要があります。」と、松田邦夫先生から教えていただきました。 処方が重なっているときには、処方監査の際には甘草の1日量を […]

松田邦夫先生から学ぶ漢方 No.5【中山今日子先生寄稿】

  • 2020.05.02

麻黄を含む漢方薬について 漢方処方で一番有名なのは葛根湯だと思います。名前に「麻」という文字が入っている場合は、麻黄が入っていると分かるのですが、この「麻」という文字が入っていない漢方処方があります。葛根湯、葛根湯加川芎辛夷、小青竜湯、五虎湯、神秘湯、越婢加朮湯などです。 麻黄は、効き目が早いのですぐに効きますが、少し注意が必要です。「麻黄はエフェドリンまたはその誘導体を含んでいるので、交感神経興 […]

新型コロナウイルス予防のための時限的・特例的遠隔診療と遠隔服薬指導と漢方処方

  • 2020.04.29

新型コロナウイルスが蔓延する中、病院や薬局とスーパーが今は一番感染の確率が高い怖い場所になっていますが、それを避ける方法が、4月13日(月)から始まりました。 医療関係者の間では、0410通知と言われるものですが、コロナウイルスが収束するまでの期間、時限的・特例的に遠隔診療と遠隔服薬指導ができるようになりました。まずは、新見正則先生の動画をご覧ください。 【漢方 jp】新型コロナウイルス予防のため […]

岡江久美子さんとアビガン、そしてフアイア顆粒【新見正則】

  • 2020.04.28

岡江久美子さんが新型コロナウイルス肺炎で亡くなりました。テレビをあまり見ない僕ですが、はなまるマーケットでの岡江久美子さんのトークは本当に庶民目線で、大好きでした。 テレビの報道で知る限りは、早期の乳がんで1月から2月にかけて放射線治療を受けていたそうです。その放射線治療でいわゆる「免疫力」が低下した可能性もあるでしょうし、また肺にも放射線照射の影響が少なからず及び、新型コロナウイルス肺炎に罹患す […]

松田邦夫先生から学ぶ漢方 No.4【中山今日子先生寄稿】

  • 2020.04.28

生薬の香り 匂いは大切です。松田邦夫先生は、「子供は正直」とおっしゃいます。医院に来て『いい匂いね』というお子さんは、効果があることが多いそうです。『変な匂い』というお子さんがいらっしゃった時には、薬が効きにくいお子さんが来ちゃったなぁと思うそうです。漢方薬の香は気持ちを落ち着かせる効果があるそうです。この話はよくしてくださいました。診療所全体が、漢方薬のいい香りに包まれて、松田邦夫先生のあの語り […]

新見正則先生より学ぶC O V I D―19対策 Vol.3【中山今日子先生寄稿】

  • 2020.04.26

今回は中医学的に解説されています。 【漢方 JP】新型コロナウイルスへの考え方・中医学を参考に【新見正則 特別講義】 この動画を理解するには、崔先生寄稿「新型コロナウイルスの中医学治療」についてのコメント【新見正則より】の補中益気湯41の2009年の新見正則先生の臨床研究の結果を是非お読みください。 日本では、漢方薬は西洋薬と併せて使いますが、新型コロナウイルスの中医学治療【北京中医薬大学 崔衣林 […]

松田邦夫先生から学ぶ漢方 No.3【中山今日子先生寄稿】

  • 2020.04.22

生姜の絞り汁の代わりに生姜チューブ 偏頭痛で医師から呉茱萸湯を処方されている患者さまが、お湯に溶かして生姜チューブを少し絞って加えるとよく効くとどこかで聞いてきたとかで実践していました。このお話を松田邦夫先生にしたところ、笑っていらっしゃいました。そして、漢方薬には生姜が入っているものが多いのですが、そのような時には生の生姜の絞り汁を少し加えると効果が良くなることがあると教えてくださいました。 ひ […]

1 2 13