新見正則

9/36ページ

松田邦夫先生の陪席で知る「漢方理論を振り回すのは漢方の藪医者?」の理由

  • 2019.03.27

先日、松田邦夫先生の外来に陪席(ばいせき)した時のお話しです。まず、陪席とは横に座って、診察の様子を拝見することです。松田邦夫先生は僕の師匠で、松田邦夫先生の師匠は大塚敬節先生です。そして、松田邦夫先生の御尊父は蒔絵の人間国宝の松田権六翁です。 今日は、松田権六翁のお弟子さんの人間国宝の方から紹介された患者さんがいらっしゃいました。美術関係のお仕事をされている中年のご婦人です。特段の訴えはなく体質 […]

アトピーの人が絶対に試すべき漢方薬

  • 2019.03.26

ある症状にある漢方薬が効く人と効かない人がいます。それを漢方医は「証」と称します。そんな言葉が苦手な人、嫌いな人、そんな言葉が必要なら漢方など使わないと思っている人は、「証」を「レスポンダー」と言い換えましょう。効く人をレスポンダー、効かない人をノンレスポンダーと言います。西洋医学的に確立した呼称ですよ。 むかしから、効く人と効かない人がいることを知っていたのです。そして漢方薬には西洋医学よりもそ […]

イボ痔にお困りの方にオススメの漢方薬【漢方医の解説と実体験から】

  • 2019.03.25

歩くのもつらい…くしゃみもつらい…イボ痔で悩まれている方、多いのではないでしょうか。そして周りに相談しにくいという方もいらっしゃると思います。 何を隠そう私も、過去に5年ほどイボ痔だった経験があります。ひどい時は、後輩に手術してもらおうかと思ったほどです。また、外科医としてイボ痔の執刀を何度も行なっています。 そんな私のイボ痔も漢方の力で治りました。当時執刀した患者様の中に […]

OTC医薬品とは? 漢方薬は“逆”OTCとも言える理由

  • 2019.03.24

近年、ドラッグストアなどで耳にする「OTC医薬品」をご存知ですか? OTCとはOver The Counterのこと。カウンター越しと言った意味ですね。OTC医薬品、または一般用医薬品と呼ばれ、薬局、薬店、ドラッグストアなどで販売されている医薬品です。一方で医師が処方する医薬品を医療用医薬品と言います。昔は、OTC医薬品は、大衆薬とか市販薬とも呼ばれていました。 近年、OTC医薬品への期待は高まっ […]

肺年齢を若返らせる漢方薬は?【漢方医が解説】

  • 2019.03.23

最近、「肺年齢」という言葉を見たり、耳にしたりします。今日はそのお話しです。 血管年齢は手足の血圧を測定して推測します。卵巣年齢は採血で抗ミュラー管ホルモンを測定して推測します。そして、肺年齢は肺活量を測る器械を用いて推測します。その器械をスパイロメーターと称します。 肺活量を測定する器械は、マウスピースを付けたチューブです。これを、思いっきり吸って、吸えない限り吸って、そして一気に、精一杯の力で […]

ステロイドと漢方薬の違い・自己免疫疾患「膠原病」を例に

  • 2019.03.22

ステロイドは一般的にはステロイドホルモンのことで、腎臓の上に貼り付いているような副腎という小さな臓器から分泌される副腎皮質ホルモンのひとつです。内服ではプレドニゾロン(PSL)が使用されることが多く、点滴ではメチルプレドニゾロンなどが使用されます。 甲状腺ホルモンと同じく内服でも効力があるホルモンです。一方で血糖値に関係があるホルモン、インスリンは内服では効果がなく、注射が必須です。 漢方薬はステ […]

気管支喘息?咳の原因は豊富!効果的な漢方薬は【症状別に解説】

  • 2019.03.21

咳は奥が深いのですよ。西洋医学で治らない訴えをたくさん治療してきました。咳が長引くときは、すでに西洋医を受診していても、心配な場合は、もう一カ所、別の呼吸器専門医の受診を勧めます。それぐらい、専門医でも診断に迷うことがあるのです。 急性で絶対に受診するべき咳がある 基本は数週間で収まる咳は問題ありません。咳で緊急を要する疾患は、急性喉頭蓋炎です。急性喉頭蓋炎は、咳と言うよりも、嚥下時痛で、次第に発 […]

爪が白くなる水虫、爪白癬の治療法とは?漢方薬は効く?【西洋医×漢方医のコラム】

  • 2019.03.20

爪が白く、変形してしまう。これは爪の水虫です。 水虫はカビの感染で生じる皮膚病で、原因となるカビは白癬菌と呼ばれます。足の皮膚の水虫は有名で、近くの友達に尋ねれば一人以上は今罹っているか、罹ったことがあると思います。 水虫とは 足の皮膚の水虫は塗り薬で簡単に治りますが、馬鹿にして放置すると、なかなか治らなくなったり、再発を繰り返します。その理由は、足の皮膚が厚いため、その皮膚の奥にまで白癬菌が潜り […]

コレステロールが高いと言われた方が知っておくべきこと【西洋医×漢方医のコラム】

  • 2019.03.19

検診や人間ドックの結果を持って、質問に来る患者さんで結構多いものがコレステロールの異常に関してです。D判定やE判定と書かれ、どうしたら良いのか、どんなリスクがあるのか不安になることもあるでしょう。なんとなく、肥満傾向なのかな?とは思うかもしれません。この記事では、コレステロールとはどんなものなのか、何をすべきなのかについて、解説します。 コレステロールとは コレステロールは脂肪の一種で、検診や人間 […]

太りたい、痩せすぎの方向けの漢方薬【漢方医が解説】

  • 2019.03.18

太りたいのになかなか太れない、痩せすぎで困っている方がいらっしゃいます。痩せたいという方からすると、羨ましく感じてしまうかもしれませんが、本人には深刻なのです。そして、なかなか周りから理解されにくいのです。 本人に痩せ願望がないのに、痩せすぎて困っている人を太らすことは実は難しいのです。肥満の方に痩せていただく方がよっぽど簡単です。 まず、食事量を増やすことができません。すぐに満腹になってしまいま […]

1 9 36