新見正則

7/47ページ

【症例集】しゃっくりに芍薬甘草湯か半夏瀉心湯で失敗!「柿のへたが一番効いた」

  • 2019.08.11

症例 60歳代 男性 しゃっくり 奥さんが来院 しゃっくりが困ると。 「呉茱萸湯または半夏瀉心湯が効くことが多いので、両方処方しますね。順に試してください。お湯に溶かして飲んでみてください。また、柿の蔕(へた)を10個ぐらい煎じて飲むのも効くそうですよ」 (再来院時) 「柿の蔕が一番効きました」 同じ症例を複数経験する 解説 しゃっくりの相談は結構されます。だいたい本人は来院せず身内の方が見えるこ […]

【症例集】イレウスに大建中湯は有名だが…大建中湯+桂枝加芍薬湯も試してみて

  • 2019.08.10

症例 ある講演会で 「イレウスには大建中湯と、病名で投与しても結構有効とのことですが、私はたくさん大建中湯を使用しましたが、それほど有効というイメージがありません」と消化器外科の先生から質問されました。 「そのときは、大建中湯と桂枝加芍薬湯を一緒に使ってみてください」 と答えました。 そしてしばらくしてメールが来て、 「確かに慢性のイレウスにはこちらのほうがいいような感じがします」と 解説 大建中 […]

【症例集】過敏性腸症候群にイリボー(西洋薬)「あの漢方薬効きますね!」

  • 2019.08.09

症例 50代 男性 過敏性腸症候群? 「ストレスが溜まると下痢します」を主訴に来院。腹痛や発熱はなく、常に下痢に悩まされていた。炎症性腸疾患・腫瘍性病変の鑑別のため、消化器内科の先生に胃・大腸の内視鏡検査と治療を依頼した。結果は「異常なし」。当方は下痢型の過敏性腸症候群を疑い桂枝加芍薬湯 を処方した。 (2週間後再診時) 全く改善なかったため、イリボー(ラモセトロン塩酸塩)を処方した。 (1週間後 […]

【症例集】慢性下痢に真武湯「ちょっとだけ有効、でも闘病意欲が出ます」

  • 2019.08.08

症例 68歳 女性 慢性下痢 消化器内科に通院中の慢性下痢の患者さん。大腸内視鏡などを含めていろいろな検査を施行されているが、全く原因が不明。そして西洋薬剤の下痢止めも有効ではないと。 「漢方薬で治るものならトライしたい」と来院 「真武湯という漢方薬を処方しますね。この漢方薬は熱々のたっぷりしたお湯に溶かすか、水に入れて電子レンジでチンして、ともかく熱々のものをフーフーしながら飲んでください。」 […]

【症例集】「安中散で生理痛も楽になりました」 当たり前だが 確かにね

  • 2019.08.07

症例 36歳 女性 胃のムカムカ 結構元気そうなのでフローチャート漢方薬治療に従って半夏瀉心湯を投与。 再診時に「先生、あれは苦くて・・・・・」 「苦くて飲めませんでしたか。見立て違いで申し訳ありません。今日は安中散という漢方薬を処方します。こちらは前回のものに比べると飲みやすいと思います」 「先生、あれは胃もすっきりしますが、生理痛にも効きますか」 「生理痛も困っていたのですか?」 「先生に相談 […]

【症例集】「半夏瀉心湯で肩こりも治るんですか?」

  • 2019.08.06

症例 50歳代、女性 「先生、あの漢方薬で肩こりも治りますか?」 「漢方薬はなんでも治す可能性があるので、当然肩こりも治りますよ。」 「処方したのは半夏瀉心湯という漢方薬で、胃の症状に基本的に効きますが、肩こりが楽になったと言う患者さんは多いですよ」 「なるほど、なんでも治る可能性があるのですね。」 解説 肩こりを主症状として来院される人に漢方だけで対処して、うまく治ることは少ないと説明しました( […]

【症例集】胃痛・背部痛に芍薬甘草湯+半夏瀉心湯「もっと早く漢方を処方してくれれば・・・」

  • 2019.08.05

症例 40歳代 女性 (僕の家内) 背部痛 年に数回就寝時に背部痛が生じる。激痛で朝まで眠れない。 ロキソニンやボルタレンといった西洋医学的鎮痛剤はほとんど効かない。 朝まで痛みを耐えると次第に軽快する。 西洋医学的諸検査で異常なし。 こんな症状が10年以上も続いている。 英国から帰国し漢方に興味を持った頃、芍薬甘草湯を処方してみた。 (内服後) 「とってもいいよ。1袋でダメなときは、しばらくして […]

【症例集】胃もたれに半夏瀉心湯「苦くて飲めない」

  • 2019.08.04

症例 43歳男性 胃もたれを訴えて来院 胃もたれのファーストチョイスは半夏瀉心湯にて、これを毎食前に投与 (再診時) 「先生、あの薬は苦くて飲みにくい。そしてちっとも胃もたれも良くならない」と恨めしそうに訴える そこで安中散を投与。 (再診時) 「あの薬は美味しくて、胃もたれもなんだか良くなった」 その後、胃もたれがあるときに頓服的に内服している。 解説 漢方処方の鉄則のひとつは、迷えば虚証用の漢 […]

【症例集】麻子仁丸で腹痛が辛い。大建中湯で痛みなく快便

  • 2019.08.03

症例 87歳 女性 今での現役で執筆を続けているひと。 便秘があり「腹痛が起こり飲めない」と訴える。 そこで大建中湯を朝晩各1包を内服してもらう。 「ちょうど気持ちいい便が出ます。ありがとうございました。」 解説 大黄含有漢方製剤では虚証向けの麻子仁丸や潤腸湯で、通常は虚証の患者さんも問題ありません。ところが、まれに麻子仁丸や潤腸湯に含まれる大黄で腹痛が生じることがあります。そんなときは大黄を含ま […]

【症例集】便秘治してすべてすっきり「あれは便秘の症状だったんだ!」

  • 2019.08.02

症例 30歳代 女性 25年間の便秘 13歳前後から便秘となる。その他は元気だと思うと。 現在まで西洋薬剤をいろいろ試したが、あまり効かないと。漢方外来ができたのなら試しに漢方薬でも飲んでみようかと受診する。 桂枝加芍薬大黄湯を処方する。2週間後に受診すると本当に気持ちよく便が出ると。25年ぶりの快便であると。快便によって、気持ちもますますハッピーに、体も軽く、本当によかったと。便を出すだけでこん […]

1 7 47