新見正則

36/38ページ

しもやけには当帰四逆加呉茱萸生姜湯【漢方医が解説】

  • 2018.11.16

手足の指先が赤く腫れ、じんじんする、というのがしもやけの主症状です。また、体温があがると痛みや痒さがひどくなるため、暖かくなってくるとさらに辛いです。 しもやけは、血行不良が原因でおこります。そのため、手足の指先のほか鼻先や耳たぶなど、外気に触れやすい部位によくおこります。特に、濡れた手や汗をかいた靴下を放置しておくと、気化熱により皮膚の温度が下がり、しもやけになりやすいです。 対処法としては、温 […]

こむら返り(足のつり)に効果的な芍薬甘草湯【漢方医が解説】

  • 2018.11.15

朝起きたら、イタタタタ!ふくらはぎがつって動かない…。これがこむら返りです。 すぐにできる対処法として、筋肉をストレッチしたり、マッサージしたり、温めたりすることで解消します。 ミネラル(マグネシウム、カリウム)や水分が不足した場合に起こりやすいので、ミネラルを多く含む食物を摂取するようにしましょう。小魚、豆類、海藻類に多く含まれています。 それでも、こむら返りを繰り返してしまうという […]

しびれを感じている場合の漢方薬とは【漢方医が解説】

  • 2018.11.14

しびれに困っている方は多いでしょう。それにも関わらず医師は積極的に取り組んでくれません。なぜならば西洋医学では「原因不明のしびれ」が多いからです。しびれを起こす原因がありそうなのは、大脳か脊髄か末梢神経です。そのうち軽減するものもあれば、慣れていただくしかないものもあります。 私も漢方に出会う前には、なんとなく聞き流していました。治す方法がないからです。うまく取り繕ってたと言えるかもしれません。多 […]

喉(のど)の違和感、イガイガする感じに【漢方医が解説】

  • 2018.11.14

なんとなくのどに何かいる感じ、のどがへばりつく、のどが狭い感じがする、気管がせまく息苦しい感じがする…。そんなことを訴える患者さんは多いです。 また、扁桃腺が腫れているわけでもないし、痛いわけでもない。こんな症状で病院に行くのはちょっと、と思われている方も多いと思います。 そんなのどの違和感に効果的な漢方薬をご紹介します。 どんなのどの違和感にも半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう) のど周 […]

しゃっくりの止め方と、長期間続くしゃっくりへの解決策

  • 2018.11.13

しゃっくりは比較的よくある現象ですが、静かなところで始まると恥ずかしいですね。 基本的にはある程度の時間でおさまるのですが、中には2日以上長期間に渡って続くことも。特に長期間に渡って続くしゃっくりに対して、有効な西洋薬というものがありません。診療でしゃっくりの相談をされて困ってしまう場面もよくあります。そんな症状に対して、漢方薬という選択肢をご紹介します。 1.基本的なしゃっくりの原因 しゃっくり […]

ロキソニンが効かない頭痛・減薬に効果的な漢方薬【漢方医が解説】

  • 2018.11.12

頭がズキズキと痛む、ずっしりと重い、カラダが元気でも頭痛がひどいと何もできなくなってしまいますね。 今回は、頭痛にオススメの漢方薬をご紹介します。 ※この記事では、片頭痛以外の頭痛に関してご紹介します。片頭痛という診断をされ、トリプタンを処方されている方はこちらの記事を参考になさってください。 片頭痛(偏頭痛)のための漢方薬と相性で処方を変更する方法 1.まずは西洋薬であるロキソニン®︎ この記事 […]

つらい冷え性に当帰四逆加呉茱萸生姜湯【漢方医が解説】

  • 2018.11.09

お風呂上がりに布団に入っても、手足が冷たい。特に女性の多くは、冷え性に悩まれている方が多いですね。 実は、西洋医学では「冷え」という病名はありません。しいていえば、動脈が詰まっている、サーモグラフィーで温度低下がある、ということですが、そのような冷え性はとても少ないです。それでも、「冷えるんです」と訴える患者様はとても多いです。 冷え性は、末端を中心に各部位への血行障害と言われています。血流促進を […]

【永久保存版】西洋医/漢方医が解説する漢方薬の飲み方

  • 2018.11.08

漢方薬は、ただ飲めば良いという訳ではありません。同じものであっても、いつ、何と飲むかによって効果が大きく変わってしまいます。 基本的な漢方薬の飲み方を、西洋医であり、漢方医の私がご紹介しますので、是非参考になさってください。 1.基本的には1日3回、食前、または食間に飲む 漢方薬は足し算とバランスです。(参考:漢方薬と民間薬(生薬)との違い)食後に飲んでしまうと、食事の中に生薬に近い成分が入ってい […]

にきびへの対処法と漢方薬治療【漢方医が解説】

  • 2018.11.08

大人になってからも、ストレスや生活習慣などの要因でにきび(ニキビ)になることがあります。 女性がお化粧をする際、男性が髭剃りをする際には特に困りますし、何よりも自分が不快だったり恥ずかしさを感じて余計ストレスになってしまいます。 にきびは皮膚疾患ですから、便秘は大敵です。便秘がある場合は、麻子仁丸(ましにんがん)などでしっかりと治しましょう。参考:何をしても治らない便秘には麻子仁丸(ましにんがん) […]

つらい頻尿・夜尿に効果的な漢方薬【漢方医が解説】

  • 2018.11.07

夜中に起きてしまう、会議中トイレに行きたくなってしまう、年齢とともに尿をもよおす回数が増えてしまったという方も多いのではないでしょうか。映画や長時間ドライブなど、私生活で困る事も多いのではないでしょうか。 西洋医学では前立腺肥大による頻尿になりますが、女性の頻尿にも有効な漢方薬をご紹介します。 どんな頻尿にも午車腎気丸 最初は、午車腎気丸で夜尿の回数が1回減るくらいを目標にしましょう。それだけでも […]

1 36 38