新見正則

2/52ページ

駆瘀血剤でひとゆすり

  • 2019.11.27

症例 60歳代 女性 皮膚科で治らない湿疹 十味敗毒湯(4週)→消風散(4週)→温清飲(4週)→荊芥連翹湯(12週)と処方するも無効 そこで、大柴胡湯+桂枝茯苓丸を12週処方 「こちらの漢方は、少々いいような・・・・」 最初の処方である十味敗毒湯に桂枝茯苓丸を併用して湿疹軽快する。 解説 これだけ長い経過ですので、信頼関係がないとダメですね。西洋医学で散々診てもらって、でも治らないのでしょうがなく […]

抑肝散で背中の痛みが解消

  • 2019.11.26

症例 80歳代 女性 「肩甲骨の間の背骨が痛い。イライラする。なんだか怒りっぽい。」 抑肝散を処方 (再診時) 「背中の痛み随分楽になりました。寝返りが打てるようになりました。」 「ときどき胃がムカムカします。」 「では頓服で半夏瀉心湯を処方しますので、適当に飲んでください」 抑肝散続行、半夏瀉心湯頓服 (再診時) 「半夏瀉心湯はなんだか調子良いので、そちらを続けて飲みたい。」 解説 この患者さん […]

冷え治り、髪の毛太く、禿治る

  • 2019.11.25

症例 40歳代 女性 冷え症にてフローチャートに従って当帰四逆加呉茱萸生姜湯を処方 (再診時) 「先生、少し良いです。」 「では、同じ漢方薬を続行で」 (再診時) 「数ヶ月飲んでいますが、冷えはとても快調です。ところで、髪の毛が太くなり、実は円形脱毛症も治りました。そんなことってあるんですか?」 「漢方薬は昔の知恵です。体全体を治すように頑張って生薬を足し合わせたのです。ですから、いろいろな症状が […]

真武湯で冷え症治る 「治ったら美味しくなくなりました。」

  • 2019.11.24

症例 40代 女性 冷え症 手足とお腹が冷える。顔は熱くはない。 真武湯を投与して、どんどんと軽快。 「先生、冷えが治るって快適です。あんなに美味しかった真武湯がまずくなったのですが・・・・」 「そうですか。美味しかった漢方薬の味がまずくなったときは体質が変わって中止の印です。止めてみましょう」 真武湯の内服は8ヶ月で終了 その後も元気 解説 漢方薬では味は大切ですと説明しています。苦い呉茱萸湯が […]

柴胡加竜骨牡蛎湯が虚証にも有効?

  • 2019.11.23

症例 40歳代 女性 めまい、うつっぽい、気力が出ない、冷える、ともかく調子が悪い。 体格は華奢、黄連解毒湯で不快になる どうみても虚証の女性。幸い親戚にて、少し漢方の効きを試したくなった。 「3種類の漢方薬を出します。どれかひとつをしばらく飲んでください。そして不快だったり、薬がなくなれば、次の漢方薬を試してください。」 柴胡桂枝乾姜湯、桂枝加竜骨牡蛎湯、柴胡加竜骨牡蛎湯を処方した。 (再診時) […]

女神散で「よく眠れる、冷え治る」

  • 2019.11.22

症例 50歳代 女性 冷え 陰部静脈瘤、更年期障害でホルモン治療 うつっぽい。腰痛 10年間 顔は汗かく片頭痛にマクサルトを頓服で内服 華奢でお腹は弱いと。更年期障害のファーストチョイスである 加味逍遥散を処方 (再診時) 「まったく変わりません」と。フローチャートに従って、セカンドチョイスの女神散を処方する。 (再診時) 「あの女神散という漢方薬で 夜寝られて、冷えもよい。」 その後、「肛門のし […]

男性にも加味逍遥散 「飛行機に乗れない。キャンセルする」

  • 2019.11.21

症例 60歳代 男性 飛行機に乗れない 社長、出張の飛行機に乗れない。2日前にキャンセルした。手足、お腹冷える。顔は熱い。まず加味逍遥散投与。 (再診時) 飛行機に乗れるようになる。 冷えもいいが、まだまだ。 当帰四逆加呉茱萸生姜湯を追加 (再診時) 少々いいがまだまだ ブシを1グラム/日で追加。冷えにはいいが胃がムカムカすると。飛行機には乗れる。 加味逍遥散は男性にも有効 解説 漢方の特徴的な薬 […]

釣藤散でかえって頭痛が悪化

  • 2019.11.20

症例 61歳 女性 不安頭痛 ソラナックスやグランダキシン、サアミオンなど内服。釣藤散を試したところ、頭痛が悪化、横もてっぺんも痛いし、頭がモヤモヤする、意欲が出ない。 その後、当帰芍薬散と抑肝散を併用し、見違えるように元気になり、化粧もして、今は漢方は中止にしていますと。 (小松先生症例) 解説 明日から本当に使える漢方薬シリーズ②の『フローチャート漢方薬治』」の初版本にはうつ病の項はありません […]

桂枝茯苓丸でかえってイライラに

  • 2019.11.19

症例 28歳 女性 深部静脈血栓症 Protein-S低下 深部静脈血栓症の症状に桂枝茯苓丸を投与。 おもい、だるいは相当改善。 「先生、あの薬飲むと生理前にとてもイライラします。」 (桂枝茯苓丸の桂枝は気逆に有効なのにな・・) 「まず、イライラしたら桂枝茯苓丸を止めてみて下さい。」 面白い症例。本当に桂枝茯苓丸によるか試してみたい。 そして、桂枝茯苓丸を止めると、イライラしなくなった。 解説 漢 […]

漢方薬には用量依存性がないことも。補中益気湯や真武湯

  • 2019.11.18

症例 「先生、あの疲れに出してもらっている補中益気湯という漢方薬 一日3回と書いてありますが、2回しか飲めません」 「2回でもいいですよ。3回と2回はあまり違いがないという患者さんもいますから。でも1日1回は通常効きませんから、2回以上飲んでみてください」 (再診時) 「どうも3回よりも2回のほうが、疲れにはいいような気がするのですが。そんなことってありますか。」 「漢方薬は量を減らした方が効くな […]

1 2 52