新見正則

13/50ページ

【症例集】インフルエンザでは 虚弱な人でも麻黄湯が飲める

  • 2019.07.18

症例 40歳代 女性 (僕の家内) 急激な発熱と関節痛で発症 日頃、風邪によく効く麻黄附子細辛湯を飲むか全く効き目なし。 症状はどんどんと悪くなる。 臨床症状はインフルエンザに典型的にてタミフル開始。 すでに汗があるも、「インフルエンザには麻黄湯でしょ」と思い使用する。 2日間、日に数回の麻黄湯の内服を続けるも不快な作用なし。 2日目の夜に、動悸を感じ、柴胡桂枝湯に変更。 数日後に軽快した。 解説 […]

【症例集】インフルエンザには麻黄湯 これで結構治りました。

  • 2019.07.17

症例 5歳 女児 (僕の娘) 幼稚園から帰宅後に、なんとなくぐったりしている。39度の発熱。 しかし重篤感はない。 麻黄湯を1/3包飲ませる。2時間から3時間毎に内服させると、3回目にじわーっと発汗、その後解熱。 翌日は幼稚園が休み。 次の日は、元気に幼稚園にいく。 その日から、母親が発熱。 インフルエンザと診断される。 解説 この症例も僕の娘です。急性発熱性疾患が発汗で軽快する典型的経過です。こ […]

【症例集】子供の発熱に麻黄湯・機嫌が良ければ我が子はモルモット

  • 2019.07.16

症例 3歳 女児 (僕の娘) 幼稚園から帰宅してから、元気がない。抱くとすごく熱い。 38.5度の発熱。汗はまったくない。 機嫌は悪くはない。 麻黄湯を約1/3内服させる。まったく汗なし。 その後2から3時間毎に内服させるも発熱なし。 23時に麻黄湯を1服飲ませる。 夜中に多量のおねしょをして、翌朝は解熱。 幼稚園に元気に行く。 解説 急性発熱性疾患は漢方用語では太陽病です。太陽病は表証とほぼ同じ […]

【症例集】お年寄りの風邪に麻黄附子細辛湯・汗が出すぎて大失敗

  • 2019.07.15

症例 80歳代 女性 (僕の母) 夕方から風邪っぽいと訴える。通常は香蘇散がよく効く漢方薬と知っている。 ところが手元に香蘇散がなく、麻黄附子細辛湯を1包内服する。 早々と就寝。夜中に多量の発汗あり。 3回も下着を取り替えたと。 翌朝、「くたびれて風邪と闘う元気もない」と。 その後、香蘇散を内服させ、3日で軽快。 解説 フローチャートでは、元気なお年寄りの風邪用漢方薬は麻黄附子細辛湯、弱々しいお年 […]

【症例集】葛根湯ですっきりせず桂麻各半湯 「もう少し、漢方を飲みたいなあ」

  • 2019.07.14

症例 40歳代 男性 (自験例) 風邪を引いて、すぐに葛根湯を飲み、数時間おきにも服用して汗ばんだが(微似汗を得たが)、すっきりしない。 失敗だ・・・・ いつもは微似汗が達成されると、熱が下がってスカッとするのに、そのスカッと感がない。自分では麻黄がほしい感じ。熱はまだある。 そこで麻黄湯と桂枝湯を1/2ずつ混ぜて、また数時間おきに飲んで楽になる。解熱もした。やれやれ悪化しなかった。 解説 自分で […]

【症例集】風邪に葛根湯、典型例・微似汗を得られるまでガンガン内服

  • 2019.07.13

症例 50歳前後の男性 (自験例) 昼過ぎから体が急にゾクゾクし、熱っぽくなる。汗はない。 葛根湯をたっぷりしたお湯に溶かして内服する。 汗が出ないので、2時間後に再度お湯に溶かして内服する。 その後、じわーーっと汗がでて、すっきりする。 解説 急性発熱性疾患を記載したものが日本漢方のバイブルである傷寒論です。傷寒論には体格によってたくさんの漢方薬が記載されています。フローチャート漢方薬治療では、 […]

【症例集】瞑眩は皮膚疾患だけにしよう 「毒がでるように一時悪化することありますよ」

  • 2019.07.12

症例 70歳代 女性 近医で治らない慢性の湿疹ということで、息子さんに連れられて来院 数件の皮膚科に罹ったが治らないと。 湿疹は下肢に散在性にある。 フローチャートに従って、十味敗毒湯を処方 「今日から漢方薬を処方します。何か変なことが起これば、漢方薬を中止するか、ご連絡ください」 (数日後、息子さんより電話で相談あり) 「湿疹が一気に悪化したようだ。」 「お母様のご機嫌はどですか。」 「特別に悪 […]

【症例集】自分の咳が妙に心配 まさか間質性肺炎かな?

  • 2019.07.11

症例 52歳男性 自験例 8年間、大柴胡湯と桂枝茯苓丸を飲んでいます。体重が減り、後頭部の薄毛が治り、花粉症が楽になり、そしていぼ痔がなくなりました。肩こりが楽になり、熟眠感が増しました。体全体が良くなる快感があるので、飲み続けているのです。 さて、空咳がでるようになりました。結構、長引きます。風邪っぽくもないし。のどがイガイガしていることは間違いないですね。そのためでしょうか。 密かな心配は、柴 […]

【症例集】「冷えが治り、妊娠しました」 それで漢方薬の続行は?

  • 2019.07.10

症例 30歳代 女性 冷え症にて以前より当帰四逆加呉茱萸生姜湯を内服中 「先生、妊娠しました。実は子供ができなくて心配していたのです。冷え症が治ったから妊娠したのでしょうか?」 「詳細はわかりませんが、妊娠おめでとうございます。」 「漢方薬を飲み続けていていいですか。」 「保険適応漢方エキス剤で流産した報告はありませんが、せっかく妊娠したのですから要注意ですよね。漢方を飲むのであれば当帰芍薬散とい […]

【症例集】麻黄で尿の出が悪くなる。実証のひとでも尿閉は起こる。

  • 2019.07.09

症例 71歳男性 喘息が治らないと来院。西洋医学的治療は受けている。 週末はロードバイクで河川敷のサイクリングコースを何十キロのサイクリングするような元気なひと。 麻杏甘石湯+小柴胡湯を処方する。 (再診時) 「先生、どうもション便が遠くに飛ばなくなった。」 前立腺肥大があるのだろう。尿閉にならなくてよかった。ホッ 柴朴湯を処方。喘息発作の頻度、やや低下した。 解説 高齢だがロードバイクに乗るよう […]

1 13 50