新見正則

12/47ページ

【症例集】トップアスリート 「身体能力が向上する漢方はないですか?」

  • 2019.06.22

症例 日本のトップレベルのスポーツ選手「パフォーマンスを増すような漢方薬はありませんか?」 「いろいろありますよ。しかし、漢方薬はいろいろな生薬の足し算です。いろいろなものが含有されています。つまりドーピング検査に絶対に引っかからないとは言い切れないのです。ですから、あたながドーピング検査を要求されるような環境で競っている間は、漢方薬はやめておいた方がいいですよ。」 解説 25年間運動をしていなか […]

【症例集】「癌を手術しないで、漢方だけで治したい」 老衰という考え方

  • 2019.06.21

症例 80代 女性 「大腸癌と言われています。大きな病院で手術を勧められています。漢方だけで治せませんか?」 「漢方薬で癌を治すことは無理です。僕は漢方薬を西洋医学の補完医療に使用していますので、しっかりと西洋医学的治療をして、そして漢方を飲んでみてはどうですか?」 そこで補中益気湯を処方したのです。 解説 「癌を漢方で治してくれ」という類いの相談は時々あります。「漢方で癌は治らない」と即答してい […]

【症例集】「先生、この漢方薬を試したいのですが?」

  • 2019.06.20

症 例 「先生、この漢方薬を試したいのですが?」 「いろいろと本やネットで勉強して、また自分の経験からこの漢方薬がほしいのですね。特別に間違っているとも思えませんので、まずご希望のものを処方しましょう。それが効かない時は今度は僕が処方するものを飲んで貰えますか?」 解 説 すでに漢方薬をいろいろと飲んでいて、自分のこんな症状にはこの漢方薬が有効であると知っている患者さんでは、ご本人の意見に従えばい […]

【症例集】「その薬は以前にも飲んだことがあります」

  • 2019.06.19

症 例 「先生、その漢方薬以前に飲みましたが・・・・・?」 「その当時は、無効だったのですね。今回は相当時間も経っていますので、もう一度試してみたいのですが、いかがですか。4週間飲んで頂けますか?」 解 説 「後医は名医」といいます。患者さんがある医師に見切りをつけて、次の医師に診てもらうと治ることがあります。それは後から患者さんを診る医師(後医)は、無効であった薬を除外して、処方選択をすればいい […]

【症例集】「薬局で漢方を買ってもいいですか?」処方薬とOTC薬の違い

  • 2019.06.17

症例 「先生、病院に来れないときは薬局で買ってもいいですか?」 「いいですよ。しかし、メーカーが違うと、生薬の産地や等級も違うし、生薬の配合比率も異なります。できれば病院でもらっているのと同じメーカーのものが良いですね。しかし、お値段はざっくり10倍ぐらいになります。」 解説 株会社ツムラのOTC(薬局で処方箋なしで購入できる)漢方薬は、処方箋で購入できるものと製造工程は全く同じです。つまり、病院 […]

【症例集】「エキス剤と煎じ薬 どっちがいいの?」

  • 2019.06.16

症例 「先生、エキス剤と煎じ薬はどちらがいいのですか?」 「すばらしい煎じ薬はやはり素晴らしいと思います。問題は、煎じ薬がすべて良いわけではないのですね。良い生薬が良くない生薬かを見極める目がないと、生薬問屋は良くない生薬でもいいと考えるかもしれません。一方でエキス剤はすべてが基本的に質が均一です。エキス剤では中ランクの上のものが供給されていると考えればいいと思います。エキス剤を使用しても治らない […]

【症例集】オブラートで漢方を飲む方へ「漢方は味わうことが大切です」

  • 2019.06.15

症例 「先生、漢方薬は粉で、味もあるからオブラートに包んで飲んでいます」 「頑張って粉のまま飲めませんか。粉が嫌ならお湯に溶かせばいいのですが・・・」 「お湯に溶かすと、味が強くなって・・・」 「漢方薬では、実はその味が大切なのですが。美味しい漢方薬は有効なのですよ。また、まずくても飲める漢方薬も結構有効です。是非、味を見るためにも、オブラートを止めてもらえませんか?」 「試してみます」 解説 粉 […]

【症例集】「いつ止めればいいのですか?」「一生飲んでもいいのですか?」

  • 2019.06.14

症例 「この漢方薬を飲んでいると調子がいいのですが、いつ止めればいいのですか?」 「調子が良ければ飲んでいてもいいですよ。」 「一生飲んでもいいですか?」 「いいと思っています。なにか変なことが起これば止めましょう」 解説 僕自身も漢方薬を8年近く内服しています。飲んでいると調子がいいからですね。患者さんも調子がいいので、ずっと飲みたいと希望する人もすくなからずいます。そんな時はもちろんオーケーと […]

【症例集】「ちっともよくならない」92歳でも20歳が理想? 老いを知る時です

  • 2019.06.13

症例 「ちっとも良くならない」  92歳の男性が不満げです。92歳と言っても診察室で拝見する限りは認知症状はありません。 「いままであんなに元気だったのに、どうも調子が悪い。それを治してもらいたい」と診察の度に詰め寄ります。 「漢方薬飲んでいると幾分良くはないですか?」 「わかっているが、昔とは違う・・・・」 解説 老いと病気を今の医学は一緒にしていますね。そんな風潮が患者さんにも伝染するとこうな […]

【症例集】「冷え性が治ったら風邪も引かなくなった」!?

  • 2019.06.12

症例 20歳代 女性。スリムで結構筋肉質。スタジオで運動しているが手足が冷える。生理痛がある。 モダン・カンポウのフローチャートに従って、当帰四逆加呉茱萸生姜湯を投与しました。 (再診時) 「まず生理痛がなくなりました。そして冷えもだいぶいいです。」 (しばらく内服後) 「去年より嘘のようにいい。冬はいつも風邪を引いて、喉と鼻がいつも変だったが、今年は風邪をまったく引かず、ずっと健康です。」とのこ […]

1 12 47