新見正則

1/53ページ

フアイア顆粒の新型コロナウイルス肺炎に対するRCT(ランダム比較化試験)がスタート

  • 2020.06.19

先般からお伝えしている、史上初めて生薬でがんに対するRCTにおいて優位差が出たフアイアですが、このほど中国において新型コロナウイルス肺炎に対するRCT(ランダム比較化試験)がスタートすることがわかりました。 サンプルが550例ということですから、結構な規模といえます。この試験で、もし優位差が出れば「フアイアは新型コロナウイルス肺炎に有効!」ということが明確に言えるようになります。 WHOの研究登録 […]

フアイアがコロナウイルスに対する推奨薬と北京市中医管理局にて報告されました。

  • 2020.06.18

http://zyj.beijing.gov.cn/zyyxw/202006/t20200616_1926196.html まず、北京市中医管理局の通知が以下です。 北京市伝統的漢方薬局による「北京新コロナウイルス肺炎伝統的漢方薬予防および治療プログラム(試用版5)」の印刷および配布に関する通知 日付:2020-06-16出典:北京漢方薬局 北京漢方政治(2020)No. 89 市医療管理センター […]

岡江久美子さんとアビガン、そしてフアイア顆粒【新見正則】

  • 2020.04.28

岡江久美子さんが新型コロナウイルス肺炎で亡くなりました。テレビをあまり見ない僕ですが、はなまるマーケットでの岡江久美子さんのトークは本当に庶民目線で、大好きでした。 テレビの報道で知る限りは、早期の乳がんで1月から2月にかけて放射線治療を受けていたそうです。その放射線治療でいわゆる「免疫力」が低下した可能性もあるでしょうし、また肺にも放射線照射の影響が少なからず及び、新型コロナウイルス肺炎に罹患す […]

崔先生寄稿「新型コロナウイルスの中医学治療」についてのコメント【新見正則より】

  • 2020.04.21

中国で頑張っている崔先生に新型コロナウイルスに対する寄稿をお願いしたところ、直ぐに対応頂きました。 直前に公開したこの記事です。 新型コロナウイルスの中医学治療【北京中医薬大学 崔衣林先生寄稿】 これによると、天津中医薬大学・張伯礼学長が担当された病院では、567例の新型コロナウイルス患者で死亡率0,重症化0、そして再発率0であったとの報告です。素晴らしいです。そして金花清感顆粒を用いたRCT(ラ […]

COVID-19(新型コロナウイルス)の予防!家内にフアイアを飲ませています

  • 2020.02.14

日本にお住いの、渡航歴のない邦人が武漢から流行しはじめた肺炎(COVID-19)で亡くなりました。正確には、肺炎で亡くなったあとにCOVID-19が陽性という結果が出たのです。ほぼほぼCOVID-19で亡くなったのだろうと僕は推測しています。 僕は年間の死亡数が3,000人をひとつの目安にしています。正確には3,215人です。これは2019年に交通事故で亡くなった方の人数です。つまり、この3,21 […]

漢方薬を効かせるにはちょっと下痢気味に【松田邦夫先生陪席秘話】

  • 2020.02.13

松田邦夫先生の外来に陪席(横にちょこんと座って見学をする)機会に恵まれて、10数年が経ちます。 先日、松田邦夫先生が「先生にはすべてをお話しているので・・・」と言われました。そうであれば、皆さんに伝えて良い情報は僕だけで知っているのは勿体ないと思い、ここにボツボツと【松田邦夫先生陪席秘話】として投稿しようと思い立ちました。秘話に限らず、松田邦夫先生が語られたいろいろなことをご紹介していこうと思いま […]

上海新華医院、フアイアが新型コロナウイルス肺炎予防に効果的との発表!

  • 2020.02.10

フアイアは明らかな抗がんエビデンスを有する生薬で、僕は日本フアイア研究会の学術担当理事としてフアイアを啓蒙しています。 2018年5月に超一流英文誌GUTに発表された論文は、肝臓がん手術後の患者さんをくじびきで2群に分け、フアイアの投与後の無再発生存率を比べると、投与した群が96週後に投与しない群よりも13%も秀でていました。詳細はここを見て下さい。 そのフアイアがなんと、今話題の中国武漢で大流行 […]

「なんだか風邪っぽい」ときこそ漢方薬の独壇場【漢方医が解説】

  • 2020.01.15

なんとなく風邪っぽい、風邪の引き始めかな、というときに西洋医学ではしっくりくる薬がなかなかありません。 眠くなる副作用も、仕事や運転には厄介です。できれば避けたいです。 しかし、漢方薬には風邪の出鼻をくじく素晴らしい薬がいくつかあります。これらの薬を飲めば、悪化が防げます。副作用もなく、眠くもなりません。 風邪を引くたびに何度か体験してみます。もちろん「効かなかった!」という失敗もあるでしょう。し […]

漢方処方が広がるステップ

  • 2019.12.04

まずは漢方薬が正しく読めるようになることです。書ける必要はありません。 そして、ツムラの番号を覚えることも最初は重要です。 まず、自分や家族に処方しましょう。 次に、患者さんにリラックスして処方しましょう。 患者さんがたくさんのことを教えてくれます。 まず、病名投与でよいのです。どんどん処方しましょう。 (そんな知恵が、フローチャート漢方薬治療になりました。) 漢方理論や腹診は処方選択のための知恵 […]

漢方嫌いが漢方の魅力を理解したステップは

  • 2019.12.03

英国留学から帰国後、知人から「漢方も悪くないでしょ。 やってみれば?」 「イギリスに5年間もいて、現代西洋医学のサイエンスを学んで来たのに、なんで僕が漢方なんかやらなきゃいけないの。とんでもない!!」 その後、保険診療で初となる大学病院でのセカンドオピニオン外来を開設して、現代医学の限界で困っている人々の存在を知る。 自分の専門領域でも、自分の治せるもの以外は、微妙に診れない雰囲気を醸し出して、患 […]

1 53