中山今日子

1/2ページ

薬剤師的モダン・カンポウの活用法2【中山今日子先生寄稿】

  • 2019.06.18

モダン・カンポウは、新見正則先生が、西洋医学を専門とする医師に向けて提唱されているものですが、薬剤師としてもとても参考になるので実践していることがたくさんあります。 【モダン・カンポウ 外来診療での心得】について、薬剤師がどのように活用しているかご紹介します。 新見正則先生は、漢方も使える西洋医として、 「何か困ることはありますか?」といつも尋ねよう。・・(中略)・・漢方を手にすると総合臨床医にな […]

薬剤師的モダン・カンポウの活用法1【中山今日子先生寄稿】

  • 2019.05.31

モダン・カンポウは、新見正則先生が、西洋医学を専門とする医師に向けて提唱されているものですが、薬剤師としてもとても参考になるので実践していることがたくさんあります。今回は、【モダン・カンポウの規範】について、薬剤師がどのように活用しているかご紹介します。 薬剤師としては、保険適用の148処方を扱う場合と、一般用漢方薬を扱う場合があります。モダン・カンポウの規範では モダン・カンポウは西洋医が、西洋 […]

【薬剤師にとってのモダン・カンポウ】中山今日子先生寄稿

  • 2019.05.27

漢方は昔から使われており、漢方を愛用している方にとって何かしらいいことがあるのだろうと思っていました。 ちょうど薬学生の頃に住んでいた街には、江戸最大の八幡宮や不動尊があり、その側にある漢方薬局は繁盛していて、知人が煎じ薬をお願いしていました。煎じている時の匂いをかぐだけでも少しは気持ちが落ち着くと言っていたのを覚えています(更年期障害にお悩みだったと記憶しております。)。そこで、薬学生時代に何度 […]

薬剤師としてお仕事を始める方に向けて・中山今日子先生寄稿

  • 2019.05.26

お薬の説明はわかりやすく丁寧に・・を心がけましょう 新しく薬剤師としてお仕事を始める方に向けて研修を行っています。そんなことはないけどな? と思っていますが、よく言われていることだし、テキストなどにも書いてあるのでお話ししていることがあります。しかし、時々本当に起こるのです。沢山ありますが、2つ紹介します。 お薬の飲み方には、食後、食前、食間、寝る前、頓服などあります。食間は、食事と食事の間、食後 […]

漢方薬・生薬認定薬剤師とは【中山今日子先生寄稿】

  • 2019.05.14

こんにちは、薬剤師の中山です。 私は漢方薬・生薬認定薬剤師を名乗っております。このことで「漢方に詳しい薬剤師さんですか?」とよく聞かれかれるのですが、この“詳しい”という言葉はお返事するのに困る言葉ですね。 「漢方薬・生薬認定薬剤師」は、日本薬剤師研修センター理事長及び日本生薬学会長名で認定されます。HPによると、この資格は、専門業務分野においてあるレベル以上の能力と適性を持っていることを試問等に […]

カシューアップルをご存知ですか?【漢方専門薬剤師が紹介】

  • 2019.04.18

カシューアップルというあまり聞かない名前を耳にしました。カシューナッツなら知っているのにな?と思っていると、なんと生薬で使える可能性があるということで、調べてみました。とてもきれいな可愛い実です。 Wikipediaによると、カシューナッツの項に下記のように掲載されています 果肉の部分については、英語でカシューアップル(cashew apple)と呼ばれることが多い。 カシューナッツ、カシューアッ […]

春先の気分不調におすすめの漢方薬6選【漢方専門薬剤師が紹介】

  • 2019.03.14

春が近づいてくるととてもウキウイした気分になり「春よ来い!」と思いますが、何かとストレスが多く、体調に気をつけなくてはいけない時期です。 卒業や入学、新社会人になったりお引越しをしたりと、生活環境が大きく変わる時期、うれしいことも意外とストレスになっているってご存知ですか。 そして、「精神的なストレスを受けると、胃腸の症状が出る」って方は多くないですか。また、忙しさにかまけて、簡単なお食事ばかりと […]

漢方薬の「製品番号」その意味は?【漢方専門薬剤師が執筆】

  • 2019.02.16

漢方薬を処方されたり、薬局で購入すると、製品名の隣や下に番号が書いてあるのにお気づきでしょうか? この「製品番号」がメーカーによって違うことがある場合があります。なぜこのようなことが起きるのか、調べてみましたのでご紹介します。 製品番号に意味や関連はある? 保険適用漢方処方は、全部で148処方あります。内服薬147処方+紫雲膏。このうち、ツムラで製造している漢方処方はエキス剤128処方+紫雲膏です […]

葛根湯はどのタイミングで買うのが正解?【漢方専門薬剤師が解説】

  • 2019.02.15

漢方の風邪薬と言ったら、葛根湯が有名です。OTC医薬品(医師の処方せんがなくても店頭で買える医薬品)としてもよく売れるお薬ですが、今買って飲んでももう遅いのでは…と思うことも多く、よくお話を伺って他の漢方薬をおすすめするって経験も、実は非常に多いです。 風邪をひきやすいのは、きっと「寒いとき」と答える方が多いはず。「風邪」とは漢方用語です。「風寒の邪(ふうかんのじゃ)」と言います。邪とは外側から攻 […]

【漢方薬剤師が紹介】薬局で買えるノドの生薬と配合おくすり3選

  • 2019.02.14

のどが痛いとき、咳がでる、痰がでるなどの時は、桔梗湯や麻杏甘石湯などおすすめできる漢方処方がありますが、病院に行く時間がなかったり、近くのドラッグストアで取り扱いがなかったりなど、すぐに手に入らないこともあります。そんな時は、おすすめの漢方処方に配合された生薬を使った、ドラッグストアで手に入りやすい生薬製剤を使うのもいいかもしれません。大気汚染が深刻な中国でも支持されています。 <のどに効く生薬> […]